専業主婦もキャッシング 専用枠は限度額が低い


金融機関からのキャッシングは、銀行カードローン、消費者金融、信販会社があります。いずれも条件として共通しているのが、住所を持つ20歳以上であることです。細かなことを言えば、連絡が付く電話番号などがあります。後はそれぞれの規定があるのですが、専業主婦が持てるのは銀行カードローンだけです。消費者金融も信販会社も収入がなければ、審査対象にもなりません。

一昔、様々な規制が敷かれる前は、20歳以上であれば利用ができました。信販会社などでは、最初にカードを作る時にいろいろ聞かれましたが、スムーズにカード作成ができた上に、ショッピング枠とは別にキャッシング枠も存在していました。ゆうちょカードも同じく、クレジットカード機能のついているものに変えたところ、無審査でキャッシング枠が適用していた時代もありました。仕事をしていない専業主婦なのに。

ところが、今では一切キャッシング枠がなく、わざわざ新しいカードが送られてきました。ただ信販会社では、配偶者の職の証明書があれば、その範囲内で受けられる配偶者貸付の存在があることを告げらました。これは希望したらの話しですが、配偶者の審査がありますから、カード作成までお時間を要しますということです。

時代は変わりました。貸金業法の改正の関係から、消費者金融や信販会社では無収入の方への貸付を全面的に禁止したのです。良く考えると、専業主婦の場合は、収入はありませんが、生活のためのお金のやりくりはできます。

自分の収入ではないのですが、家計を預かる大きなお金を手にしていることも多いのですが、その生活費全部夫の収入になります。ですから、専業主婦が作ったお金ではないのです。実際には、夫の収入にしても結婚している身であるのなら、自由になるお金は専業主婦よりも少ないかもしれません。それでも収入源は夫のみです。

貸金業法の改正により、消費者金融と信販会社では無収入への貸付はしていませんが、銀行法の銀行カードローンは専業主婦もOKです。もちろん収入欄はゼロのままで良いのですが、その専業主婦枠になると、限度額が最高で50万円で、ある銀行では20万円しか借入は出来ません。結局は、無収入であることでのリスク回避の手段です。

しかし、本当は夫よりも自由になるお金はたくさんあると考えられますから、専業主婦枠のトラブルは少ないと思っている方も多いですが、実は専業主婦の債務整理なども多いと言う評判です。20万円程度の返済、自分の収入ではないからなかなか払えないのでしょうか?

いつもイオンでお買い物?それならイオンカードは必需品


買い物コースの中にイオンがある方には、イオンカードセレクトがお勧めです。専業主婦も作れるクレジットカードとして、イオンでのお買い物にもポイントがたまる便利なカードです。

無収入の専業主婦の場合は、限度額の上限が25万円のキャッシングが出来ます。という明記ですが、途中の増資、配偶者の年収によって上下します。個人的なデータですが、イオンカードでも50万円までのキャッシングができる人もいますが、ちなみにこの方の夫の年収は1000万円以上ということです。

銀行カードローンは専業主婦は作れますが、単に無収入である場合は難しいです。同じ無収入でも専業主婦の場合は、必ず夫の年収がバックボーンとなっていますので、何百万円単位ではない利用限度額は与えられると考えられます。

イオンが良いと言うのは、お買い物に便利だからです。ポイントだけではなく、イオン銀行を利用していたりする場合、買い物ついでのキャッシングと返済などができます。ほぼ全国に散らばるイオンでは旅行先でも使えるのも嬉しいことです。

銀行と言えば、メガバンクでも専業主婦でも作れるカードローンがあります。イオン銀行とともに作りやすいのですが、これは地域的に限定されます。地方に行くと主要都市にしか銀行がないため、いちいち手数料が必要になることも。イオン銀行なら、店舗で自由に出し入れできますから、メガバンクのカードローンよりも使い勝手が良いです。

増資に関しては、返済状況次第ですが、夫の年収が上がったり、順調な使い方をしている場合に考えてみてください。専業主婦の場合は、銀行のみでしかカードローンを持つことができませんから、あちこちのカードを持つことはできません。パートやアルバイトなどの収入がある方は、このような限定はありません。キャッシングのための消費者金融のカードローンも対象になりますが、イオンカードは主婦なら持っていたいカードといえます。利用限度額も収入があれば上がります。

キャッシュカードとクレジットカードと電子マネーが1枚になったイオンカード、入会金・年会料は無料です。お財布変わりにレジでまごつく必要もなく、使える1枚です。いつの間にか全国区になったイオン銀行ですが、店舗と一緒というのが魅力です。主婦にとって、買い物先で使えるキャッシュカードは便利ですが、使いすぎには要注意です。

審査が甘い?主婦が持てる楽天カードローン


ネットショッピングをする方の中で、楽天をお使いの方、楽天のキャッシュカードを持っていますか?クレジットカードならあるけれど、という方は多いことでしょう。ホームページなどでは、キャッシュカードのバナーを良く見かけますが、金利も低めで審査が通りやすいと評判です。

楽天カードは種類が多いのですが、ここで言うのはカードローンのことでキャッシングのためのカードです。ですから、楽天銀行のカードやクレジットカードとは別ものです。

この楽天銀行のカードローンは専業主婦対応のものです。利用限度額は50万円です。楽天銀行に口座があることが条件ですが、振込が24時間可能で、一度もつとインターネットサイトですぐにキャッシングができます。とにかく入金が早く、即使えるカードです。

楽天で良くお買い物をする方、クレジットカードも持っている場合、同じ27日に引き落とされます。同じ日の引き落としで返済は楽天銀行に入金していれば安心で、返済忘れもありません。この楽天銀行のキャッシングは、夫に内緒で作ってしまうことも簡単です。主婦の場合、在籍確認などもありませんから、家に居て簡単に作れます。インターネット以外でもコンビニなどでも使うことができます。

ネット銀行の中で審査が優しいとされているのですが、主婦の場合の審査では収入がない方は、過去と現在の借入と返済の状況です。個人信用情報機関の照会で、基本的に金融事故がないことと借入している金額が高くないことが条件です。もし他のカードローンで、数十万円の借入がある場合は、この時の審査は通らないでしょう。多重債務、収入がない場合は対応できないでしょう。

収入がある主婦の場合は別です。それでもパートなどであまり高くない収入の場合は、専業主婦枠になってしまいます。これは学生なども同じですが、独身成人で無収入の場合は、審査が難しいかもしれません。バックボーンのある専業主婦や学生の場合は、収入はないものの生活していくだけのお金があると、見込まれての審査です。

楽天銀行の審査は、甘いのですが、借入が多かったリ、何度も申込をする申込ブラックには厳しい判定になります。もし一度申込をしてダメだったときには、必ず数ヶ月空けてから申込をするようにしてください。銀行カードローン、専業主婦も1枚あると何かと便利ですよ。

低い限度額は配偶者貸付でカバー?


専業主婦がキャッシングをするときには、専業主婦OKの銀行カードローン、配偶者貸付のあるキャッシングの利用ができます。銀行カードローンでは、基本的に低い限度額での専業主婦OKカードローンがあります。審査は、身分証明だけで良いのですが、高額な借り入れはできません。インターネットやスマホで簡単に申し込むことができます。

この手軽さは怖いくらいです。限度額は低くても、本当に簡単に作れるカードローン。審査はなしに近い状態ですから、お手軽です。ただし、最近多い主婦の債務整理ですが、金額は小さいからこそあっという間に限度額に近づいてしまう、そしてキャッシングができなくなってしまうケースが増えています。

そこで配偶者貸付ですが、こちらは配偶者とともに使えるキャッシングと考えてください。夫婦の収入を合算して、年収の3分の一までの借り入れができるようになります。要するに、夫の収入をそのままスライドすることができるのです。夫婦である証明と夫の所得証明書などがあれば良く、手続きに時間はかかりますが、専業主婦専用の低い限度額からは開放されます。

怖いのはこのことです。自分の収入からではなく、キャッシングを重ねて行くと生活費からの返済が大きくなっていきます。夫が全て同意しているのなら良いのですが、夫もキャッシングということになると、利用限度額は下がり、妻が勝手に使っていることになると、家庭内は大変なことになってしまいます。

自分だけのキャッシングでは不足してしまう、返済は膨らむ、債務整理と言った構図になります。所詮無収入であるから、生活費からの返済が続くようであれば家庭内の破滅にもなりかねません。結局はそんなことから、専業主婦に対しては、限度額は低く設定されているといえます。キャッシングは金利も高いですから、返済に段階になるとやはり負担は大きくなってしまいます。

計画的な利用は誰でもそうですが、お買い物や息抜きのため、おつきあいなどキャッシングの機会が多い方は、必ず返済を意識した使い方をお勧めします。生活費の中から返済できる分の余裕がない場合、夫に迷惑をかけないことも大切です。

専業主婦の債務整理をきっかけに離婚した夫が、自分の収入で昼間にキャッシングで遊んでいた妻が許せなかった。そんなに遊興費がほしいのなら、働けば良かったのにとぼやいていました。確かに、暇な専業主婦がキャッシングで遊んでいた、返済は夫の給料からと言うのは、夫にしてみれば苦々しいことでしょう。

夫に内緒のキャッシング できる?


キャッシングは、どうして返済能力から限度額を判断します。消費者金融では年収3分の一までと決まっていますし、銀行カードローンの場合審査に合わせた限度額ですが、年収を参考にします。主婦と言っても公務員や一般サラリーマンとおなじ年収の方も少なくありません。パートやアルバイトなどをして定期収入を得ていたり、一括りにすることはできません。

正社員の場合の属性は、主婦は問題外です。審査では、属性でみますから、主婦で会社員ではなく、会社員だけど主婦という見方です。パートやアルバイトをしている方も同じです。収入がある場合、審査は普通に働いている属性になります。ただ無収入の専業主婦だけが特別枠になると考えてください(極端に収入が少ないパートも入る)。

その収入はそのまま限度額に反映しますが、これは当然のことです。お金の出処として、自分の財布と生活費からというと、無収入は立場が弱いのは当然のこと。働いている方と肩をならべることは難しいです。専業主婦の場合、限度額低いですが、金利の優遇はありません。ですから、返済できる可能性がなければ申込をすることは難しいと思いましょう。生活費をなんとか工面では、大丈夫ですか?と思われます。

最近は、夫に内緒のキャッシングになんていうふれこみも多いですが、これは案外と危険な香りもします。借り過ぎ注意ということで言えば、夫の同意がある方が何かと便利です。返済のお金にしてももしものこと(返済ができない)場合でも不足分を提供してくれることを頼むのも頼みやすいといえます。

ただ、借りすぎってしまった時は債務整理ですが、これは夫に内緒で行うことも出来ます。収入源である夫の同意は必要ないですから、大事になる前に債務整理をして、知らん顔をしているのもありかもしれません。夫婦関係にもよりますが、キャッシングをしていると言えるという雰囲気にない場合は、キャッシングそのものも内緒にすることが可能になります。そのときには返済には気をつけてと言うのは言うまでもないのですが、必ず見つからないように行い、ダラダラと返済を長引かせないで完済を早くする意識を持つことも大切です。

そして、返済は遅滞や延滞をしないように。最近では家まで押しかけてくることはないのですが、何かのきっかけで簡単にバレてしまうこともあります。