主婦はキャッシング審査に通らないって本当?

キャッシングに代表されるのは、大手消費者金融カードローンや銀行カードローンです。
いずれも、手軽にお金を借りられることで知られています。
ところが、審査によって借りられない方もいるのはご存知でしょうか?

主婦はキャッシング審査に落ちるのは本当?

そんな口コミもあります。
情報サイトを確認すると、わざわざ主婦も借りられると明記されていることもあるのです。
主婦はNGなのでしょうか?女性だから?奥さんだから?
配偶者しか借りられない?主夫はどうなる?

専業主婦だけが特別ということ

多分、情報サイトで確認をしたら納得です。主婦NGとあるのは、消費者金融でしょう。
特に大手消費者金融であるNGワードですが、大手消費者金融では専業主婦のキャッシング審査は通らないです。

これは、専業主婦は収入がないので貸し付けできないからです。
ですから、働いている主婦も主夫も普通に借りれるのです。

大手消費者金融以外の中小消費者金融や街金では、専業主婦でも配偶者貸付制度があれば、安定した配偶者の年収で借り入れができることがあります。専業主婦は特別であり、銀行カードローンでは専業主婦として申し込みができます。

収入があれば

働く奥さんであり、それがパートでもアルバイトでも収入があれば、主婦の審査は問題がないです。消費者金融では、専業主婦として申し込みができないことで、主婦NGとなっていることが多いだけです。主婦でではなく、パートやアルバイトをしている女性として申し込みをするので、特別な問題はないです。

専業主婦のお助け銀行カードローン

専業主婦もパート主婦も、自分だけのお金はほしいものです。
利用者の多くは、夫に内緒でカードローンを持っている場合は多いです。
特に専業主婦は、自分で収入がないので自由になるお金がほしいのが正直なところです。

銀行ローンでは、専業主婦の場合は50万円程度で、夫に内緒でキャッシングができます。
借り過ぎないことは当然ですが、必ず返済ができる範囲内で使用することが必要でしょう。
ちなみに、専業主婦は多重債務は審査落ちになります。

主婦の審査といえば、語弊があります。

収入がない専業主婦だけは、特別な対応がある一方、大手消費者金融では信用がゼロということです。限度額も少ない専業主婦のキャッシングですが、返済には絶対に遅れないことです。

夫に内緒ならうまく家計を操作して、計画的なキャッシングを楽しんでください。
中小消費者金融でも配偶者貸付制度でキャッシングができますが、こちらは夫に内緒では作ることができません。

銀行カードローンでも店頭で契約?甘い審査が期待できる?

主婦でも100万円以上のキャッシングができる。
そのために必要なことして、年収300万円以上稼ぐことです。

消費者金融系のカードローンでは、総量規制で年収3分の一なら利用限度額になります。
銀行カードローンでも、100万円のキャッシングなら、300万円程度はほしいです。

主婦だからは関係なし

キャッシングの審査では、専業主婦だけが主婦の肩書が必要です。
収入がある、働いている女性の場合は、配偶者の存在だけで、キャッシング審査で主婦の肩書は不必要です。自身の年収額を申告するだけです。

大手消費者金融でも、即日融資のカードローンを即手にすることができます。
要するに、年収出がいくらあるか?が問題です。

専業主婦が100万円借りる

専業主婦が特別にカードローンがもてるのは、銀行カードローンだけです。
自身が契約者となって、無収入であっても借り入れができるものです。

総量規制は無関係の銀行カードローンですが、最大で50万円が限度額です。
ですから、審査に通れば、100万円は無理でも50万円はキャッシングが可能です。

審査内容としては、在籍確認もないし、年収も無関係です。
個人信用情報の内容出金融事故がない場合のみ、その銀行カードローンの限度額の利用ができます。現在は、限度額100万円のところはないです。50万円でも少数です。

地銀や信用金庫に目を向ける

ところで、カードローンというと、ネット銀行などがおなじみです。
近所の信用金庫や地銀などでも、カードローンがあります。

そこでは、インターネット申し込みができる内容とは違い、互いに信頼感がある場合が多いです。すでに銀行口座で利用実績があり、審査次第ではカードローンの契約ができることがあります。サイト公開している場合もありますが、インターネットだけではなく、ぜひ店頭でお尋ねください。

消費者金融より低金利

銀行系のカードローンでは、低金利での利用ができます。
働いている主婦なら、限度額も収入に対応しますが、専業主婦でも50万円を限界で数十万円の利用ができます。信用情報を重視して審査はもちろんですが、地方銀行と信用金庫の審査では、甘くなる場合が多いです。専業主婦では、配偶者の収入証明書などがあれば申し込める場合も多いです。

みずほ銀行、イオン銀行などの大手ではなく、近所で手軽にキャッシングができることもあります。借り入れ簡単ATMでできたり、融資先として近くで解決してしまう場合もありです。
案外と盲点とされるのですが、審査の甘さでは、注目して良いと思われます。

主婦におすすめキャッシングは銀行カードローン その理由は?

イオン銀行、セブン銀行、楽天銀行などネット銀行のカードローンでは、専業主婦でも配偶者の存在だけで、自分のカードローンを作ることができます。この対応は、最近範囲が狭くなってきています。もともと金融機関では、専業主婦の審査は甘いのですが、最近では審査も厳しいです。

銀行カードローンのキャッシング審査

専業主婦に甘い審査ですが、パート主婦などの審査では多少厳しさがあります。
というのも、カードローンは消費者金融系が甘く借りやすいとされています。

ところが銀行カードローンの方が、低金利で多額の限度額。
厳しい審査に通過することで、信用情報的にも良いです。
その審査の上で、専業主婦が借りれるのは、特別待遇です。
ただし、信用情報で金融事故がある専業主婦は、NG、借りれないことになります。

銀行カードローンの審査

専業主婦では、本人確認書類だけでOKです。
在籍確認も収入証明書もなしで、簡単に申し込みができます。
在籍確認と言えば、自分の電話にかかってくるだけです。

ネット銀行などでは、翌営業日の振込と言いながらも、即日融資ができる場合もあります。
パート主婦などでも対応は同じですが、在籍確認は絶対にあります。
収入証明書は、低額では必要ないのですが、高額になると必要な場合があります。

銀行カードローンと大手の銀行カードローン

パート主婦などでは、どちらが良いか?ということですが、銀行カードローンは返済額が小さくなります。使い勝手もたいした差はないのですが、審査で言うと、大手消費者金融がすぐできます。

レディースローン、30日間無利息キャンペーンなどがあります。
レディースローンは、女性限定でスタッフがすべて女性という内容です。
審査が若干甘い?との口コミもあります。

そして、その大手消費者金融を初めて利用する場合は、無利息30日間の利用が断然おすすめです。30日間は金利がゼロになるサービスで、返済額が大きく変わります。

銀行カードローンにはないサービスです。
もしこの先も、ずっとカードローンを使いそうな方はちょっとした工夫が必要です。

銀行カードローンの審査の厳しさ

パート主婦だけが選択ができるのですが、無利息30日間キャンペーンサービスは1回きりの利用です。その後は、普通のキャッシングになります。断然銀行カードローンの方が良いのですが、その大手消費者金融カードローンを持ったままの審査はしないほうが良いです。利用金額がないにしても、大手消費者金融の解約をしてから、銀行カードローンに申し込みをすると良いです。

実は、パート主婦程度では年収も少ないので、銀行カードローンで多重債務を嫌います。
そこで、大手消費者金融で無利息30日を利用したあとは、銀行カードローンの切り替えをするときに、大手消費者金融とは縁をきるのです。その方が審査に通りやすいのです。
ぜひやってみてください。違いは歴然です。

難しい主婦のキャッシング事情 審査はどうなる?

主婦でもパートやアルバイトで収入があれば、大手消費者金融のキャッシング審査に通ります。
その時必要なものは、収入証明書や在籍確認です。

少額なら収入証明書は必要なし
大手消費者金融で50万円以下なら収入証明書は必要ないです。
告知だけでOKですが、在籍確認はあります。
働いているところに電話が行くだけですが、固定電話限定です。
お友達のお手伝いをしているとか、日雇いバイト的に短期間で働いている場合の審査は難しいです。

季節労働者の場合は、在籍確認ができた時点で審査に通ることはあるのですが、その労働形態が継続的ではない場合は、危険です。季節労働だとしても、数ヶ月は一定の収入があり、今回借りたい金額が少額である場合は、直接相談してください。

その時におすすめがレディースローン

女性スタッフ対応、在籍確認も必ず女性のレディースローンでは、こうした相談がしやすいです。今回2万円だけのキャッシングなんだけど、仕事の仕方がこんな感じと説明することで、審査が変わります。

勤務先の欄です、◯◯会社であることが必要ですが、働き場所が会社とつかない、夏場だけの仕事の場合は、説明が必要でしょう。これが何も言わずに、会社とごまかすと虚偽の申し込みになります。

一歩下がって中小消費者金融

甘い審査の中小消費者金融では、もっと借りやすいとされています。
カードローンではないのですが、審査は大手消費者金融より甘いです。

信用情報で金融事故がある方が借りに行く中小消費者金融ですが、ちょっとした事情があるパート主婦などでは、ここの利用をおすすめします。レディースローンもありますから、女性スタッフと直接話しをすることもできる中小消費者金融もあります。

収入があれば、収入証明書もなく、給与明細も難しい状態だけど、信用情報では◎のキャッシングができることはあります。インターネットではなく、直接電話で申し込み、話しをしてみることです。

主婦の働き方は多様化している

大手消費者金融も中小消費者金融も主婦の利用は大歓迎です。
ただし、働いていることが条件ですが、多様化する働き方にも柔軟対応をしてくれます。
少額であること、借金は増やさない、収入があることが分かれば、借金相談も乗ってくれます。

専業主婦はNG

働き方とか関係のない専業主婦ですが、大手消費者金融では申し込みもできないです。
中小消費者金融では、配偶者貸付制度で利用することになりますが。このときには配偶者の同意書が必要です。

また、配偶者が金融事故を起こしている、借り過ぎの状態で総量規制に余裕がないと、専業主婦の利用ができないです。

専業主婦はキャッシング審査が厳しいよね

主婦のキャッシング事情で言うと、パートなどで収入がある主婦と収入がない専業主婦で内容が違います。この専業主婦に関しては、特別な位置関係です。

他の無収入では絶対にキャッシング審査は通らないのに、一部の銀行カードローンだけは、専業主婦が無収入で申し込みができます。ネット銀行を始め、地銀や信用金庫でも専業主婦のキャッシングができることがあります。無収入でも良いのですが、信用情報で金融事故がないことが条件になります。

収入がないことと、金融事故があること

両方審査落ちの要件です。
専業主婦のキャッシングでは、金融事故なしで無収入でOKです。
収入なし、金融事故ありでは絶対に借り入れができないです。

多重債務に関しても専業主婦はもともと少額の限度額なので、多重債務はできないでしょう、
信用情報で他社借り入れがあると、審査落ちです。
収入がないのに借りれる、銀行カードローンの最大の配慮です。

収入があればたんなる女性

最近では働く女性が多いです。
正社員はもちろんですが、パートも在宅ワークでも収入証明書が出るのであれば、普通の審査です。

金融事故に関しては、大手消費者金融や銀行カードローンでは借り入れができないのですが、ブラック対応の中小消費者金融なら、普通に申し込みができます。借りれるかどうかは分からないのですが、審査を受けることはできます。

中小消費者金融と言えば

専業主婦でも配偶者貸付制度で融資を受ける事ができます。
審査に通るのは本人だけではなく、配偶者の審査も必要ですが、年収がある程度あり、専業主婦の総量規制まで余裕がある場合に限ります。

この場合、主婦が借り入れできるのは数十万円だと言われています。
ただし、金融事故があれば借り入れができないことが多いです。

例えば、主婦に返済能力がないので、夫の信用度が大きく関係します。
その時に夫が金融事故者であれば、OUTなのです。
ブラック対応の中小消費者金融ですが、配偶者貸付制度では簡単に行かないです。

確実に借りたいのなら

信用情報で問題がないのなら、銀行カードローンです。
働く主婦であれば、大手消費者金融、銀行カードローン、クレジットカードのキャッシング枠とどこからでも借り入れができます。そして、ブラック主婦では、専業主婦は借入先がないでしょう。

収入があれば、中小消費者金融にいくことが可能であり、総量規制範囲内であればキャッシングができます。主婦の身分は、このときには無関係です。やはり専業主婦は、キャッシングでは狭き門ということのようです。