簡単審査で専業主婦もキャッシングができる


普通、消費者金融や銀行カードローンの場合、問題になるのは収入や勤務状態です。しかし、専業主婦対象ということになると、この2つの書類がゼロになります。

では、実際の提出書類は何が必要なのでしょうか?

  • 住民票
  • 身分証明書
  • この2つがあれば、キャッシングが可能になります。そして、収入ゼロ、勤務年数ゼロで審査は通ります。

    このような提出書類だけでOKなのは、

  • みずほ銀行カードローン
  • 楽天銀行カードローン
  • イオン銀行カードローン
  • ソニー銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 東京スター銀行
  • など、大手もネット銀行でも対応しています。

    住民票ですが、収入のある配偶者が存在していることで、返済は大丈夫ですという証明代わりになります。そして、その証明書も不要なのが、楽天銀行スーパーローンで、身分証明書だけでOK。楽天銀行を開設していれば、そのまま口座に振り込まれ、キャッシングが即日スタートすることができます。

    収入のない専業主婦もすぐにキャッシングができるこのシステム。意外なほどすんなり行くのですが、全て銀行系のカードローン申込になります。上記には消費者金融などの金融会社はなく、銀行カードローンであることに注目です。

    金利などは特別高いわけでもないのですが、この専業主婦枠は利用限度額はせいぜい30万ほど、高くても50万円程度。だから、審査もこんなに簡単で、専業主婦のキャッシングが可能なのです。

    配偶者の年収が決め手 配偶者貸付


    キャッシングができるカードなどは、以前は簡単に作られる時代がありました。厳しい総量規制が敷かれる前のことですが、郵便局と言われていた時などでも、主婦のキャッシングカードにもキャッシング機能が搭載されていました。それが、いきなり収入がないことで、カードからキャッシング機能が消えてしまったのですが、その時にある提出書類があれば、キャッシングが可能になると書いてありました。

    それが配偶者貸付です。専業主婦であるということは、配偶者の収入の中での生活が可能になっている証拠です。それを証明する書類があれば、キャッシングができますよと言うものです。

    例えば、配偶者の年収が600万円であれば、総量規制でいう年収の3分の一の200万円までキャッシングが可能になります。配偶者の年収が審査基準になるわけです。ただし、この200万円と言うのは、配偶者と一緒の限度額になります。

    要するに、夫婦でキャッシングが200万円までOKということです。それが、自分のキャッシングカードで範囲内なら自由に使用できるというものです。ですから、この配偶者の所得証明をすることで、今までとおなじようにキャッシングができるシステムになっています。

    一応この対応は、消費者金融などで現在も行われていることで、夫婦で年収に応じたキャッシングができます。総量規制が関係してしまう消費者金融などの審査は、収入のない方に対してのキャッシングができないことから、このような対応になってしまうのです。一見面倒ですが、所得証明書だけあれば、今までと変わらないといえます。

    専業主婦のキャッシング利用限度額を上げたい時


    主婦のキャッシング事情は大きく変わりつつあります。本来なら収入がない専業主婦の場合、パート勤めをしている場合でも、仕事の保証もなく、キャッシングなんてとんでもないと思うところ。

    ですが、最近では、銀行カードローンでも専業主婦はOKです。そして、消費者金融などでも、一定のパートやアルバイトの収入があることで、利用限度額は低いですが、キャッシングができるシステムになっています。

    キャッシングというと、問題になるのが審査です。この審査が甘いと考えることができるのが専業主婦の場合です。身分証明書や住民票だけでOKの銀行カードローンが増えています。では、ここに住んでいる40歳の専業主婦とあれば、キャッシングができるといえます。ただし、利用限度額は今の時点で50万円が最高で、それ以上の貸付はありません。一番多いのは30万円程度です。

    審査で、この程度しかないと諦めるのはまだ早いです。配偶者の年収を審査にかけて、夫婦でキャッシング限度額を引き上げることができる配偶者貸付の場合、利用限度額は上がります。総量規制の割合から、配偶者の年収と比例して、利用限度額が高くなります。

    専業主婦専用のキャッシングの限度は50万円です。総量規制が関係するキャッシングで、最大50万円というと、年収が200万円以下の方です。配偶者貸付の場合、配偶者がそれ以上の年収があれば、キャッシング限度額も上がっていくと言えるでしょう。ただ、夫婦で共同のキャッシングになります。

    現在、主婦のキャッシングは簡単?


    専業主婦は、職業として確立していないものの属性としては、世の中で通用する立ち位置です。特徴としては、収入がないことです。

    主婦と範囲を広げると、家計を支えるほどフルで働いている方、パート程度の収入の方などいろいろです。専業主婦の場合、収入はないけれど、配偶者の収入で十分暮らしていけるということですから、その世帯収入的には問題がないということです。

    キャッシングなどは、銀行カードローンの場合、最初から専業主婦の利用枠が設定され、収入の是非は問われていません。提出書類の中に配偶者の収入を書く欄は存在していないですし、あなたが暮らしているバックにはきちんと収入があるからなのですね、と信用されます。それが、住民票で配偶者の名前があることで証明になり、審査の一つです。ですから、一応シングルではない専業主婦の場合は、審査も簡単にキャッシングができるということになります。

    総量規制が関係する消費者金融などの場合は、配偶者の所得証明書が必要になります。しかし、パートやアルバイトで、多少の収入があれば、配偶者の所得証明書も必要なく、キャッシングができます。限度額に関しては、収入に左右されるのですが、こちらも簡単にキャッシングが可能になります。なお、配偶者の所得証明書を提出するキャッシングの場合、配偶者の同意書が必要になります。

    できれば、配偶者には内緒でカードローン申込をしたい方の場合、利用限度額は少ないですが、銀行カードローンに申込をすると、簡単でしょう。少し足りない時に使いたい専業主婦などの利用者は増えています。

    危険な多重債務 返済が無理なときは債務整理も


    各銀行などでは、専業主婦OK、収入ゼロOKのカードローン申込ができます。この場合、1つだけではなく、複数の申込もできます。基本的に少ない利用しかできないのですが、注意したいのは多重債務です。利用限度額は少ないかもしれませんが、繰り返し借金を続けていると、当然返済額は膨らみます。

    例えば、専業主婦の銀行カードローンで50万円が最高だとしても、全て借り切ったとした場合、金利にもよりますが、返済額は倍近くなることもあります。そして、返済しては、また借りる、多重債務でなくても、繰り返し同じカードで借り続けていると、とんでもないことになります。

    キャッシングの返済は雪だるま式に増えていくことが多いので、注意しなければならないことです。総量規制が関係のない銀行カードローン、利用限度額は少ないとは言え、借り続ければ返済は苦しくなっていきます。また、夫に内緒であったり、消費者金融などの配偶者貸付をしている場合、夫にバレてしまったり、その夫も利用できなくなってしまう事もあります。

    計画的な使い方をするのはもちろんですが、簡単な審査でキャッシングができてしまうことから、つい使いすぎ主婦も多くなっています。中には、独身時代からのショッピングクレジットなどを抱えて結婚をして、その返済もしている場合もあったりと、なかなかヘビィな専業主婦もいます。

    そこで、専業主婦であっても、多重債務や返済に困ったときには、全てを夫に話して、債務整理をすることも考えてください。自分で働いていない分、生活には直結しないのですから、楽に返済ができる方法を見つけましょう。

    また、夫にバレずに債務整理も可能です。内緒のキャッシングの場合は、弁護士などに相談をすると、全て手続きもしてくれます。収入ゼロの専業主婦にとっては、簡単キャッシングは朗報ですが、借り過ぎ注意と返済できないとなれば、すぐに債務整理、このことは鉄則です。