なかなか借り入れが難しい専業主婦のキャッシングについて

キャッシングをするときに、収入があるかないかを確認してください。
現在何らかの収入を得ている方は、原則どんなキャッシングでも申し込みができます。

無職の中でも専業主婦だけは、一部のキャッシングができますが、何もしていない無収入、婚姻関係はナシ、配偶者ナシの方は、キャッシング申し込みができないです。

主婦は優遇されている?

主婦とは、配偶者が存在している婚姻関係のある女性を言います。
最近では、主夫も存在していますが、夫婦で生活をともにしている方を指します。

キャッシングでは、20歳以上で収入があることを大原則としていますが、一部の金融機関や金融業者では、収入がない専業主婦に限定してキャッシングの機会があります。それも2つの方法があり、1つは専業主婦で堂々と申し込める。もう1つは、配偶者の年収を収入証明書として提出することで、キャッシングができる例です。

働いている主婦は特別はナシ

パート、正社員問わず収入がある主婦は、配偶者の存在は無関係です。
普通に契約者として、ローンカードを持つことができます。

キャッシングで配偶者が関係する場合は、収入がない専業主婦の対応です。
利用者が専業主婦の場合、配偶者の有無が大きな存在となるのです。

銀行カードローンの対応

専業主婦が、配偶者無関係でローンカードの申し込みができるのは、一部の銀行カードローンだけです。以前は種類も多かったのですが、今ではネット銀行などで専業主婦の申し込みができます。

唯一の専業主婦枠があるのは、銀行カードローンだけです。
収入ゼロで限度額は少ないですが、本人の信用情報だけで借り入れができます。

大手消費者金融の場合

プロミス、アイフル、アコム等の大手消費者金融では、専業主婦はNGです。
それは本人に収入がないからです。

主婦はOKで、パートでもアルバイトでも収入があれば良いのです。
銀行カードローンのような専業主婦枠はなく、絶対に借り入れができないです。

中小消費者金融、街金の場合

大手消費者金融ではなく、甘い審査でブラックリスト対応の中小消費者金融では、配偶者貸付制度が存在しています。これは、配偶者の年収を専業主婦の、総量規制の一部として対応してくれるのです。

配偶者の信用情報も関係しますが、安定した収入がある配偶者の収入証明書があれば、数十万円単位の限度額のキャッシングができます。専業主婦でも、自分が使える限度額を割り当てられることになります。

専業主婦でも諦めない

とりあえず、銀行カードローンでは専業主婦でも堂々と借りることができるのです。
信用情報が問題になるのですが、ここで金融事故がない場合は、借りることができます。
ただし、審査が厳しいのであれば、中小消費者金融の配偶者貸付制度の利用をおすすめします。

セブン銀行カードローンは専業主婦におすすめ?

主婦がお金を借りるというときに、働いている方は、主婦は関係ないです。
申込みのときには主婦ではなく、パート、正社員、派遣社員等の職業で借りることができます。
主婦のキャッシングと言うことになると、専業主婦がターゲットになります。

セブン銀行カードローン

とにかく便利なセブン銀行。
全国に24時間利用可能なセブンイレブンでの利用ができます。
ここのカードローンでは、専業主婦も借り入れができます。

申し込みはネットからで、セブン銀行の口座が必要になります。
それだけクリアで、セブン銀行カードローンを持つことが可能です。

気をつけて

セブン銀行には、2つのカードローンがあります。
消費者金融系のカードローンでは、専業主婦は借りることができないです。
総量規制が関係する消費者金融系のカードローンでは、収入ゼロの専業主婦は審査もしてくれないです。必ず、銀行カードローンの方で申し込みをしてください。

銀行法の銀行カードローンの審査では、無収入の専業主婦も審査対象になります。
ちなみに、セブン銀行カードローンの保証会社はアコムです。

限度額は最高50万円

もともとセブン銀行カードローンの限度額が10万円、30万円、50万円となっています。
専業主婦だからというわけではないです。
希望額として50万円として、審査を受けることができます。

他社のローンカードでも、専業主婦は最大50万円になっていることが多いです。
本人に収入がないことで、この金額が限界でしょう。

セブン銀行は本当に便利

口座を持てば、キャッシュカード1枚で、ローンカードにも使えます。
24時間利用可能ですし、コンビニでキャッシングができることは、専業主婦にとってはとにかく使いやすいです。ローン専用カードも持つことなく、1枚ですべてに対応することができます。

銀行系のカードは、専業主婦に甘い審査とされています。
セブン銀行なら、全国で使えるという利便性も高いです。

金融事故は厳禁

ただし、アコムが保証会社だからというのではなく、銀行カードローンは絶対に金融事故者の借り入れができないです。銀行カードローン利用者では、個人信用情報で異動情報があると審査落ちです。

金利も低い銀行カードローンですが、審査では厳しいので、ブラック専業主婦は、セブン銀行カードローンを持つことはできないです。自身が危ないというときには、申し込みはしない方が良いでしょう。金融事故者は、他の銀行カードローンも全滅です。

働く主婦はどこでも申し込める

主婦でもキャッシングができます。
主婦と言っても、収入があれば身分は関係ないです。

個人信用情報で配偶者は無関係

個人信用情報は、本人名義のキャッシングやクレジットカードの利用状況です。
一度も利用していない方は、スーパーホワイトリストです。

金融事故がある方はブラックリスト、ブラックリストの謹慎期間が終わった方はホワイトリストといいます。いずれも俗称ですが、お金の借り入れをしている方は、必ず個人信用情報機関に記録されることになります。

審査に必要な個人信用情報機関

キャッシングの申し込みでは、個人信用情報は確認します。
銀行系も消費者金融系も必ず確認するのですが、主婦は無関係。
その方、個人名での信用情報が肝心です。

そこで、金融機関や金融業者で確認するのは異動情報の有無です。
異動情報は金融事故、ブラックリストの原因となるものです。
それがなければ審査に通る、ある方は、借りれないこともあります。

主婦だからはナシ

主婦でも借りれるキャッシングでも、収入がある方はその収入カラ借り入れができます。
主婦だからという言い方では、パート等も借りれるという意味です。
収入が少なければ、限度額が少なくなるだけです。

銀行カードローンでは、金額が決まっている場合がありますが。消費者金融系では総量規制で年収3分の一が限度額になります。パート主婦でも簡単に借りれる、それが宣伝文句です。

配偶者は関係ないから

大手消費者金融でも、働く主婦は自分のカードローンの申し込みができます。
本人に収入があるのなら、返済ができるのでしょう。
ですから、配偶者に内緒のキャッシングも可能です。

大手消費者金融としては、あくまでも収入がある契約者との関係です。
内緒でこっそりキャッシングはokです。

中小消費者金融ではどう?

中小消費者金融も同じです。

大手消費者金融より甘い審査で、ブラックリスト担ったとしても、総量規制範囲内であれば、主婦でも借りることができます。この場合も、配偶者の存在はナシですから、こちらも夫に内緒のキャッシングが可能です。

収入があればこそ

大手消費者金融も中小消費者金融も、無利息ローンがあります。
初めての利用者だけですが、消費者金融カードローンを初めて契約したい働く主婦は、無利息ローンがおすすめです。

女性限定のレディースローンに申し込みをすると、対応スタッフが女性です。
主婦ならこちらもおすすめです。
利息などは同じですが、申し込みしやすい環境が人気です。

レディースローンは審査の甘いキャッシング?

主婦を含む女性を対象にしたレディースローン。
大手消費者金融だけではなく、中小消費者金融にもあります。
銀行カードローンには見受けられないサービスです。

どうして女性ばかり?

レディースローンは、各金融業者が女性客拡大のキャンペーンの一つです。
女性としては、レディースローンとある方が借りやすいと言えるでしょう。
主婦でも、まだお金を借りることはあまり良いことだと思っていない方も、レディースローンならなんとなく借金相談してみようかな?と思います。

レディースローンの内容

ローンカードがかわいいとか、女性スタッフが対応。
普通のカードローンとの違いはこれだけです。金利も同じ、商品概要も同じです。
女性が相手になることだけが売りなのですが、これによって女性は安心です。

インターネットで申し込むことが多いのですが、在籍確認も女性が行う安心感があれば、勤務先でドキドキすることもないです。そんなこともレディースローンの存在ならではです。

緊張感が違う?

例えば電話をしなくてはならないとか、問い合わせしたいときも女性スタッフは安心です。
カードローン利用者で女性なら、レディースローンがおすすめです。
主婦だからということではないのですが、レディースローンの特別感は安キャッシングができます。

専業主婦に関しては、大手消費者金融では対応していないです。

専業主婦は中小消費者金融

中小消費者金融の、配偶者貸付制度があります。
これは専業主婦でも利用ができるのですが、レディースローンのある中小消費者金融がおすすめです。女性スタッフの対応がとても良く、ちょっとした相談も気軽にできます。
配偶者貸付制度の仕組み等を詳細に教えてくれます。

中小消費者金融では、もともと借金でトラブルがある方の利用者が多いです。
ですから、対応も柔軟です。

ただし、専業主婦でブラック、配偶者でブラックの金融事故があれば、配偶者貸付制度ができない場合があります。その説明も丁寧にしてくれるとの口コミがあります。
働いていて収入がある主婦に関しては、普通に自分が契約者でのキャッシングもできます。

しかし、配偶者の収入が高いときの、配偶者貸付制度の利用の相談もできます。
いろいろ話しをしながらの借金ができます。
パート主婦などは、ブラックリストになっていたとしても、借り入れができることがあります。

気軽にレディースローンの申し込みをしてみてください。
普通のキャッシングより、安心感は大きいです。

カードローンと夫に内緒にこだわりたい

主婦もお金がかかると消費者金融カードローンを探していると、安定した収入がある主婦なら借りれるのです。

パートやアルバイトでも良いのですが、収入がなければ申し込みもできないです。
専業主婦はがっかりですが、パート勤めしている主婦にとっては嬉しいです。
自分のローン専用カードも持つことができます。
パートでも良いようです。

専業主婦は借りれない

専業主婦は、甘い審査の消費者金融では借り入れができないです。
信用情報に金融事故がなく、ブラックではない専業主婦であれば、銀行カードローンの申し込みができます。セブン銀行カードローン、楽天銀行カードローンなどがおすすめです。

以前は銀行カードローンが専業主婦が作れたのが、配偶者の収入証明書が必要な場合があります。収入証明書提出で借り入れができるのなら良いのですが、内緒にしたいのなら困ってしまいます。

銀行カードローンでは、配偶者の収入の明記だけでも良い場合画もあります。
銀行カードローンの問題としては、自身の信用情報です。

ローンカードがほしい

収入が主婦としては、ブラックリストになっている方もいます。
大手消費者金融カードローンではブラックは審査落ちですが、中小消費者金融の中にローンカードがある金融業者もあります。中小消費者金融ですが、ブラック対応になっています。
全国対応であり、セブン銀行のATMで利用ができます。
収入のあるブラック主婦は、中小消費者金融カードローンは持てるということです。

年収は100万円程度で良く、柔軟審査が期待できます。
利用限度額は総量規制範囲内ですが、必要な資金はブラックリスト対応の中小消費者金融がおすすめです。

絶対に夫に内緒

女性利用者で働く主婦なら大手消費者金融、中小消費者金融でも夫に内緒にできます。
銀行カードローンなら、どの女性でも内緒でできます。
専業主婦では、配偶者貸付制度のある場合は、夫の同意書が必要になります。
レディースローンとして相談をしてもダメです。

専業主婦には厳しい審査ですが、キャッシングでは収入がないことだけでも高いリスクです。
内緒というのも限定的ですが、自身の信用情報で問題がなければ、内緒キャッシングもできます。甘い審査で期待ではなく、個人信用情報の内容確認で審査落ちしないようにしたいものです。

専業主婦が内緒キャッシング、したいですね。
専業主婦、キャッシングができないから、パートしますか?
そうするとも、甘い審査の中小消費者金融でも借りれるんですよね。