銀行カードローンの審査は甘いのか?


銀行カードローンなどは、専業主婦でも作れます。メガバンクでもネット銀行でも、収入源が夫であることが証明できれば、持つことができるキャッシングカードです。しかし、普通の銀行カードローンとして作るときには、審査は厳しいものになります。無収入の専業主婦は作れて、普通は厳しいのは、おかしいと思う方も多いことでしょう。

銀行法では、専業主婦が良いからではなく、専業主婦でいられるだけの安定収入が存在していることで、審査に通ると考えたほうがベターです。要するに、この場合、専業主婦は良いけれど、働いていな独身者、家事手伝いなどはダメなのです。専業主婦ということは、夫の収入があるからできる身分ですから、その属性に対してのキャッシングができると判断するのです。

ただ注目は、夫の収入証明書が不要なことです。
特別に夫の年収の書類がいらないですし、結婚証明書などもいりません。専業主婦の審査がとても甘いとされる銀行カードローンですが、利用限度額だけは20~30万円が主流です。要するに、限度額を低くすることで、返済リスクを下げているから審査も甘くなっているということです。

甘い審査と言いますが、個人信用情報機関の照会はあります。
過去の返済遍歴などを調べることで、人によっては審査落ち似な猫ともあります。ただ申込時の申告内容で、年収を問わないだけであって、後は普通の審査になりますから、多重債務専業主婦などは簡単に借り入れが出来ないと思ったほうが良いでしょう。

消費者金融では、専業主婦は原則NG。
年収がゼロの時点で、審査にもかからないのです。普通で行けば、銀行カードローンよりも消費者金融のほうが審査は甘いとされていますが、夫の庇護の元専業主婦だけは銀行カードローンの特権階級と言えるでしょう。限度額が低くても、自分で自由になるお金がむあるのとないのとでは、専業主婦の生活も違います。

全国展開のイオン内のイオン銀行のカードローンなどは、専業主婦に人気です。
お買い物ついでというのが大きなメリットとなり、ポイント還元などのサービスも満点です。auユーザーにはじぶん銀行、楽天を要する楽天銀行などでも専業主婦が持てるカードローンを提供しています。メガバンクでは、三井住友銀行、みずほ銀行などでも同様のカードローンがあるなど、専業主婦にとって甘い審査のキャッシングの機会がとても多いです。

主婦は主婦でも働いている場合


消費者金融などでは、必ず年収に沿った利用限度額を設定しています。総量規制と言って、必ず年収3分の一の範囲内でのキャッシングを定めています。原則多重債務でも大丈夫ですが、消費者金融によっては、多重債務を原因に審査落ちになってしまうこともあります。

主婦の扱いについては、消費者金融ではそのような属性はありません。結婚していようがなかろうが、本人の収入の有無が審査対象になります。属性としては、パートなのかアルバイなのか、正社員か派遣なのかということが問題です。

キャッシングに関しては、本人の自己責任の上で契約をするのが消費者金融の考え、貸金業法の内容です。ですから、年収という形での収入が絶対条件になります。定期的な収入が原則となっていますが、不定期でも多額の年収と消費者金融で判断をするのなら、要相談でのキャッシングにも対応するところはあります。ですから、消費者金融に関しては、主婦ではなく働いている、収入がある主婦なら審査もあり、キャッシングが可能になると考えてください。

働いているということであれば、銀行カードローンも対応です。
専業主婦枠がある銀行では、働いていない場合でも利用ができますが、その時には限度額が決まってしまいます。しかし、収入がある主婦にはその収入に応じた限度額が対応になるので、多く収入がある方は、それだけ限度額も上がります。主婦という枠がなくなるということです。

ですから、主婦で収入がある方はキャッシングの場が広がると思ってください。
銀行と消費者金融と、どちらが良いという選択もできますが、これが専業主婦は銀行の限定されてしまうのです。消費者金融も年収に対応している総量規制範囲内、銀行は一応希望額もありますが、実際の審査内容で限度額が変わってきます。多くキャッシングをしたい方は銀行が有利ですが、消費者金融の方が審査は甘く通りやすいと考えて良いでしょう。

金融機関の融資を働いている主婦の場合、特別な審査はありません。
現在は、主婦でも正社員の方も多いですから、収入によっては、高額な借り入れも可能です。平均的に審査が甘いとされる消費者金融ですが、金利面で言うと銀行カードローンの方が低いという点も注目です。普段使っている銀行カードローンのほうが良いという方もいますし、審査が甘く簡単に借り入れができる消費者金融のほうが良いなど、収入がある主婦は選択肢がいろいろです。

専業主婦の強い味方?配偶者貸付


無収入の専業主婦がキャッシングをしようというときには、金融業者の選択肢は銀行カードローンしかありません。消費者金融では原則的に無収入の方には対応していないのですが、配偶者貸付を採用している金融業者では、夫の年収を元にキャッシングができます。

夫の年収が300万円、妻はゼロの場合、2人の収入を合計して、年収と考えることで、審査をしましょうというのが配偶者貸付です。この場合、夫の年収が300万円、妻が30万円という場合も対応しています。要するに、妻のためのキャッシングを夫の年収で補う、対象を広げると言った感じです。

専業主婦も借りられる銀行カードローンなどは、せいぜい50万円が限界です。
しかし、それ以上のキャッシングができるよう、配偶者貸付の制度ができました。全ての金融業者での対応ではなく、消費者金融でも一部ですが、提出書類として、夫の所得証明書、婚姻証明書、夫の同意書が必要です。

また、夫の借り入れも関係しますから、全て妻の限度額ではないということです。
あくまでも夫とともに使える限度額になりますから、注意が必要です。その際には妻だけではなく夫も審査対象になり、書類提出、審査などで時間もかかったり、面倒な手続きもありますが、銀行カードローンよりも多い限度額になります。

審査に関しては、銀行よりも消費者金融の方が甘いです。
専業主婦で、銀行カードローンの審査に落ちてしまった時に、どうしてもキャッシングの機会を得たい方に、消費者金融の配偶者貸付はおすすめです。大手消費者金融ではあまり見かけないのですが、中小消費者金融などでは、配偶者貸付をしているところは多いです。

銀行カードローンなどでは夫に内緒でつくれるのですが、配偶者貸付の場合は夫の同士が必要になります。ですから、内緒のキャッシングはできないことになりますので、躊躇してしまう主婦もいることでしょう。また、借り入れが多い夫の場合、配偶者貸付ができる猶予がない場合もあり、この時に配偶者貸付の適用はできないことになります。

消費者金融では、本来収入がない方への貸付はしていないのです。
ただし、専業主婦の収入が夫のものとスライドすることで、借り入れの機会を増やした画期的な方法といえます。何もなければ銀行カードローンよりも審査も甘いことから、どうしてもキャッシングをしたい主婦の心強い味方です。

専業主婦ならレディースローン?配偶者貸付ならOK


女性を意識したレディースローン。
この言葉はどことなく昭和的な雰囲気もありますが、大手消費者金融を始め女性スタッフを要した、レディースローンやレディースキャッシングなどが存在します。女性のためのキャッシングですが、話しにくいこともお気軽にどうぞというレディースローンは、嬉しい配慮です。

消費者金融に多いレディースローンですが、対象は収入のある女性か配偶者貸付ができる主婦です。収入がある女性の場合は、普通の申込になりますが、専業主婦や収入が極端に少ない主婦の場合は、配偶者貸付がおすすめです。スタッフが女性ですから、親切に教えてくれると好評です。

大手消費者金融などでは、WEB申込が主流ですが、中小消費者金融などでは、まだ電話などでの申込が多いです。そんな時、レディースローンの場合は絶対に女性が対応してくれる安心感があります。女性だからと言って、審査内容が甘くなることは決してないのですが、口調が優しい分申込の時の威圧感もなく、質問もしやすいです。

中小消費者金融のメリットと言えば、大手消費者金融よりも審査が甘いことです。
収入だけではなく、過去に金融事故を起こした方などでも状況によっては借り入れができます。大手消費者金融の機械的な審査とは違う点でも、中小消費者金融の審査は時に人間的で、レディースローンの場合は、それが全て女性です。主婦など女性なら、女の人の方が話しやすい方も多いでしょう。最初からレディースローンに申込をすることで、その後の問い合わせなども安心です。

レディースローン、専業主婦OKはありません。
もし、配偶者貸付以外の貸付があるとしたらそこは闇金かもしれません。いきなりの警告ですが、銀行カードローン以外の専業主婦群れのキャッシングはゼロです。審査の甘い中小消費者金融と闇金は、時に一緒にされてしまうのですが、異質の存在です。その違いは、専業主婦にも大丈夫という点です。審査もない闇金では、専業主婦が良いのではなく、誰でも良いから貸付をして法外な利息を取ることが目的です。

収入がないからどこからも借りられないでしょう、ここでは専業主婦もいいよという甘い言葉にはご用心。知っている名前の銀行以外の金融業者では、専業主婦はNG。レディースローンと語って、レディースだから専業主婦も対象というのは、危ない誘い文句です。

銀行カードローンの魅力は増資、審査は厳しいけれど


メガバンクの銀行カードローンは、限度額も高く魅力的です。審査は厳しいのですが、消費者金融と比較をしても低金利です。それも専業主婦でもOKと言うのは、審査が甘いのかと思ったら、とんでもないこと。専業主婦が使える銀行カードローンは、せいぜい利用限度額が30万円程度。高いステイタスの銀行カードローンでも、無収入の専業主婦には甘い審査ではないのです。

一応属性としての専業主婦の場合、限度額が決まっている銀行カードローンの審査はしてくれますが、個人信用情報機関などの金融事故がある場合は、間違いなく審査落ちです。ただ、専業主婦も申込ができますよというだけのことで、後の審査は普通です。

この銀行カードローンですが、基本的には夫の収入は無関係です。
しかし、口座にそれぞれ夫婦の口座があったり、夫が高額の銀行カードローンの適用がある場合は優遇される場合もあります。

キャッシングを利用している方で、返済事故などを起こしていない、個人信用情報機関での金融事故もなしの方の場合、増資の申込ができることがあります。増資とは限度額が上がることです。これは金融機関からのお誘いなのですが、優秀な利用者に対しての優遇です。ですから、銀行カードローンの専業主婦の枠が最初は低額だったけれど、勝手に増資される方もいます。ただし一回でも延滞をしたり滞納などをすると、すぐにもとに戻るということですが、普段全く使わない方などで、急に増資ができることもあります。

どうでも良いと思う方もいますが、順調な返済ができる方にとっては、増資をしてくれるのなら、他にキャッシングができるカードを作らなくてもいいやということになりますが、金融機関としては、その狙いもあります。優秀な利用者は良いカモです。自分のところで、きちんと借りてきちんと返す方なら逃したくないので増資という手段を使う場合もあります。

専業主婦は最初から、その属性で銀行カードローンの利用ができます。
そして、きちんと利用していれば、結構高い限度額になる。これができれば、専業主婦だからという負い目もないのですが。

この増資に関しては、あまりふられていないことです。
また規定に関しても不明ですが、金融機関独自の規定によるものです。真面目に借りて真面目に返済を続けていれば、金融機関からのお伺いがきます。そうなるよう健全なキャッシングをすることです。