専業主婦もカードが持てる時代


消費者金融、キャッシングなどは一昔ですと、20歳以上なら簡単にカードを作ることができました。それが、いつしか収入欄でとても厳しくなっていて、社員証や社会保険証などの提示が必要になって、それができないと職場に在籍確認まで行うようになりました。

それでも、ここまでのことを我慢できるのなら、消費者金融だけではなく、ショッピングセンター内の特設コーナーでの、その場でカード作成(関連金融会社)ができ、今日からクレジットカードが使えます、なんていう時代もありました。

銀行系カードも同じように作れるのですが、いつしか専業主婦は真っ向からクレジットカードなどは作れず、無収入は排除。おまけに、どうしても作らたければ配偶者の所得証明添付でなければならない、それまであったキャッシュカードのキャッシング部分をキレイに削除された新しいキャッシュカードも送付される始末。主婦には、キャッシング戦国時代が始まりました。

しかし、世の中が債務整理とか、大手消費者金融などが銀行と吸収合併などという時代に入り、銀行では消費者金融系のカードローンまで店頭にあり、いつの間にか専業主婦も◯万円ならキャッシングOKという時がやってきました。専業主婦だから無収入なのにいいの?という感じですが、例えば楽天銀行カードローンの場合、会員で銀行での取引があれば簡単にカードを作ることができます。もちろん専業主婦で。

良い時代になりました。と言うのは最近の口コミで良く聞きます。全国各地の銀行などでも、最低返済額の設定により、20万円から50万円ほどの専業主婦やパート、アルバイトでも作れるカードローンやキャッシング利用、胸を張ってできるのはとてもうれしいことです。胸を張れる?と笑うかもしれませんが、専業主婦自身にしてみると、カードが持てる事そのものが、感激なのです。

キャッシングした主婦に人気のイオン銀行カードローン


そもそも専業主婦に、キャッシングの必要があるか?と思う方も多いです。そんな疑問を投げかけたとしたら、口コミなどで抗議が殺到です。主婦の中で、3食昼寝付と言われる専業主婦の存在は、特別なのかもしれません。しかし、ずっと家の中にいて、お金を使わずにじっとしている方は少ないことでしょう。

専業主婦でいられることは、素晴らしいことです。誰がすごいかというと、夫です。夫の稼ぎが良いことで、妻が働きにいくことがないというのは理想とされていますが、内情は厳しい場合も多いのです。専業主婦の場合、働きたくないからと働けないから、働かせてくれないからの3パターンがあります。

このうち厄介なのが、働かせてくれないから、です。やきもち焼きだったり、ケチな夫の場合、妻に対して、僅かなお金だけでなんとか家計のやりくりを要求する場合もあります。妻が外出するのを嫌がったり、昼間のランチなんて言ったものなら、ものすごく怒る方もいます。いっその事パートでも良いから外に働きに行きたいという方も少なくないのです。

このような方の場合、夫からのお小遣いだけでは不足してしまう、ということでキャッシングに走る方もいます。また不仲の夫婦の場合、イライラが募ってとか、独身時代と同じ生活をしたいけれど、お金が足りない、日頃のストレスからお金を借りて使う生活に慣れきってしまったなど、様々な理由から専業主婦もお金は必要で、キャッシングを余儀なくされることもあるのです。

このような主婦たちの口コミで結構人気なのが、イオン銀行カードローンです。30万円程度のキャッシング枠ですが、日ごろからイオンにお買い物に行く機会のある方は、わざわざ銀行に行く必要がない、コンビニも近くないからイオン銀行を使っている方にはとても便利です。

銀行系カードローンの中でもイオン銀行というのが、特に主婦には身近なのです。銀行のカードと共に1枚あると、ほぼ全国のイオン銀行で使用できるのも嬉しいことです。主婦たちは、イオン銀行に買い物をしながら、キャッシングも返済もしている?そんな方、結構多いかもしれません。

専業主婦でも銀行系カードローンをゲットできる


現在銀行でもネットバンキング設定があるところでは、カードローンを多く取り扱っています。この銀行カードローンは、消費者金融のキャッシングと違い基本的には年収に応じた総量規制対象外とされています。ですから、年収が無い専業主婦やパート、アルバイトでもOKです。勤務年数、年収ゼロで借り入れができます。

ただ、最高でも50万円程度というのが決まりです。収入が無いのですから、これより多くなってしまうと、返済ができなくなる可能性が多く、金融機関としても設定は低くしています。中には、配偶者の所得証明提出の義務があるところも少なくないのですが、そうした手続きも最近は減少しています。最初から50万円となっています。

キャッシングのカードなどを持ち付けない主婦たちにとっては画期的な内容です。なお、主婦でもフルタイムで働いている方は、この限りではありません。普通にキャッシングの限度利用額なども50万円以上で、年収に応じた利用ができます。

メガバンクなどでも、主婦向けの銀行カードローンなどはしっかりと対応しています。金利も通常のものですが、審査といえば、現在の借り入れ状況程度で、あとは面倒な事は一切ありません。ですから、専業主婦でもキャッシングが自由にできる、案外口コミでも評判です。

ただ、ママ友などの集まりで、◯◯銀行カードローンを使っていると公表はしないことです。人がキャッシングしていると分かれば、嫌な冷やかしなども皆無ではないからです。

主婦の債務整理は急増中


収入がないとされる専業主婦、1日数時間のパートをしている主婦などは、あくまでも夫に養ってもらっている身分です。基本的に130万円以下の収入の場合は、税金もかかりません。

一見優雅な身分ですが、決して全員がそんな思いをしているわけではありません。時間的な余裕は確かにありますが、中には仕事をしている方が良いと感じている方も少なくなく、特に自由になるお金がない、少ないと言った不満も多いです。お仕事に出ている時には、時間こそありませんが、お金の自由さもありますし、外にいる開放感も大きいです。

しかし、働いていな主婦の趣味で、バチンコにはまってしまう、買い物をカードで買いすぎてしまうなどのヘビィな方も。当然お金がなく、キャッシングを続けてしまい、最後に返済ができなくなって、債務整理をする主婦も多いのです。夫にはバレないようにというおまけ付きです。

なんて贅沢な、配偶者のお金を使って、債務整理になるまで限度額を使うなんてと思われる方。案外と、主婦もストレスの毎日なのです。何もしない、お金を使わない、で、毎日おかえりなさいとニコニコで出迎えることができる方がおかしいかもしれません。

最近では、銀行カードローンは、専業主婦でも作れるようになりました。20万円とか低額ですが、ほんの少しでも自由なお金があることでもストレス解消をしてる方も少なくないのですが、最初は満足していた微々たるキャッシングも、そのうちエスカレートし、暴走してしまう事もあるのです。

専業主婦の奥の手で、配偶者貸付と言って、妻の利用範囲ではなく、夫の利用額までキャッシングができるところもありますが、ここまでエスカレートしてしまうと、債務整理もありの話です。良く言われることですが、キャッシングは絶対に計画的な借り方をしましょう。

専業主婦でどうして借りれられるの?


総量規制対象外の銀行系カードローンは、無収入の専業主婦を始め、20歳以上のパート湯アルバイトでも、キャッシングができます。普通の消費者金融ではないサービスですが、総量規制以外のキャッシングならではのサービスです。ただし、最低借入金が最初から設定されていて、高くても50万円になっています。

申し込みはWEB完結で、電話などで確認が取れれば、指定口座に振り込まれます。ですから、予めその銀行の口座を開設しているとよりスピーディに融資を受けることができます。楽天銀行スーパーローン、ソニー銀行カードローン、イオン銀行カードローン、みずほ銀行、三井銀行と大手銀行などでも対応しています。

銀行によって主婦の立ち位置が微妙に違う点として

  • パートでも働いている主婦
  • 夫が働いていれば専業主婦OK
  • 最初から専業主婦でも大丈夫
  • ということです。

    このうち銀行のものは基本的に専業主婦は良いのですが、消費者金融の場合はパートでも一定の収入があることが条件になっています。いずれにしても、パート程度の収入でも大丈夫ということです。

    口コミなどでは、初めてでドキドキしたけれど、対応が優しくて安心しました。一回だけだと思ったけれど、あんなに優しいのなら、また利用しようかな?と不汗内発言もありましたが、消費者金融といえば、怖いおっさんが対応しそうですが、最近ではそんな事はないようです。

    専業主婦の場合、養ってもらっているという身分から、配偶者というバックが大きな保証人となることからキャッシングができるとされています。また多くても50万円という設定にしても、無理のない返済ということです。しかし、注意したいこととして、もし50万を借りてしまった場合、返済するのは50万円ではなく、利息によって変わりますが、70万円から100万円程度になります。その点の認識は大丈夫かな?