銀行カードローンでは、専業主婦も対象にキャッシング利用ができます。

借入限度額は小さいですが、繰り返しキャッシングしていると、金利だけでも多額になるのをご存知でしょうか?15%前後の金利はついていますから、消費者金融並の金利です。返済が遅れれば、延滞利息が付き、これは20%以上になることもあります。

ご主人に内緒で、キャッシングを続けたり、お買い物までも重なることで、いよいよ返済ができなくなってしまうこともあります。収入がないはずの専業主婦の返済は、配偶者の収入から行うのですが、それが多額になれば、返済もではなくなってしまい、挙句のはてに滞納してしまうことになります。そのときには、債務整理をした方が良い場合もあります。

そうなると、ご主人に黙っていることもできないのですが、どうしても簡単にキャッシングができるカードローンで、滞納が続く場合には債務整理も考慮してください。その時にはご主人にも内緒ではいられませんが、どうしても言えないときには、まずは弁護士に相談をしてみるのも良いでしょう。

無料相談などがありますから、自身のキャッシングと返済についての、債務整理の方法などを相談してください。最近は、専業主婦の債務整理も多いようです。そして、この債務整理をしてしまうと、カードローンは使えなくなってしまいます。最も滞納した時点で、次に新しくカードローンを作ろうとしても審査が通らないのですが。