専業主婦は、キャッシング利用ができないということはありません。現在、銀行カードローンを始め、カードを所有することができます。

実際に申し込みをして見ると、配偶者(夫)の所得証明が必要なところとそうではないところがあります。必要がないところでも、専業主婦名義のカード作成ができますが、当然ですが借入限度額に制限があります。ネット銀行を始め、収入がないと諦めていた専業主婦でも、簡単にカードを作ることができるようになりました。

以前は、20歳以上であれば、たいていカードが作れる時代でした。それが、“総量規制”と言って、個人の年収の3分の一の金額貸付の法律が定められ、一斉にカードローンの規制がしかれました。原則的に収入がない専業主婦は、総量規制も何もありませんから、新たにカードを作ることはできませんでした。おまけに、今まで普通に使用できていたカード利用も貸金業者からのお知らせで、「あなたのカードのキャッシングはゼロになりました」と、ご丁寧に新しいカードが送られてくることに。

しかし、この法律は貸金業者であって、銀行の場合は対象外なのです。ですから、一部の銀行が発行するカードローンに関しては、限度額は小さいですが、収入のない専業主婦向けのカードが発行できるのです。こうなってくると、貸金業者としても特典付きの専業主婦向けのキャッシングを考えました。それが「配偶者貸付」です。専業主婦の配偶者は、収入があり、家計が一緒なので、配偶者に貸付をする形で、キャッシングができると言うものです。

したがって、配偶者の所得証明があれば、今までと変わらずにキャッシングが利用できるシステムになっています。ただ、このシステムを導入しているところは少なく、あったとしても金利が高いのが特徴です。専業主婦だって、たまにはキャッシングをしたいというのであれば、限度額は少ないですが、ネット銀行などで探してみてください。最高50万円ほどですが、即日発行の銀行もあります。