カードローン会社の主婦の扱いについて

消費者金融のホームページで、学生、主婦も借りられますとわざわざ書いてある場合があります。扶養される身である学生と主婦も審査対象になるという意味です。

しかし、大手消費者金融の場合、ホームページの内容を確認すると、収入がないと借りられないです。要するに、バイトをしていない大学生、専業主婦は対象外になります。

主婦という書き方

わざわざ主婦も借りれますという書き方については、パートやアルバイトなどの扶養の範囲内の収入であっても、キャッシングができるという意味でしょう。
審査ローンでは、本人が返済をしていくことになるので、収入という後ろ盾が必要です。

しかし、それは配偶者のものではなく、主婦本人が少ないパートの金額であったとしても、年収3分の一の総量規制範囲内で利用ができるということです。20歳以上の学生も同じです。
主婦でも貸付をする、配偶者に内緒のカードローンを持つことができるという意味です。

審査も普通

カードローン審査においては、主婦ということは考慮されないです。
融資は収入に応じて限度額が決められます。
それなりの金額しか借入ができないのですが、審査は同じです。
配偶者は何をされている?収入は?という質問は、大手消費者金融の場合はないです。

銀行カードローンも同じ

審査で言えば、イオン銀行カードローンなども同様です。
本人に収入があれば、その範囲内での借入ができます。

しかし、一部の銀行カードローンでは、専業主婦でも借入ができたり、配偶者貸付で、配偶者の収入の範囲でキャッシングができる場合もあります。ただ収入がある主婦では、審査は本人が中心であり、配偶者の有無は関係ないです。

カードローン会社としては

最近は働く主婦が多いです。
なんとなくパートやアルバイトをしているイメージですが、正社員でフルに働く方もそれなりの収入がある方も多いです。ですから、大手消費者金融では簡単に借りれる、即日融資として収入がある主婦は大歓迎です。カードローンはあまりない中小消費者金融では、振込キャッシングができます。

こちらは、配偶者貸付制度があるところが多いです。
ローンカードはないのですが、配偶者の年収を元に、数十万円の限度額でキャッシングができます。ですから、銀行カードローン同様に専業主婦でも借入ができる可能性が大きいです。
配偶者貸付制度の場合は、配偶者の同意書が必要なので、内緒で借りることはできないのですが、収入ゼロの主婦もキャッシングができることは大きなメリットです。

収入の有無で主婦の立場が違う 専業主婦もキャッシングはできる

主婦で借りれると、専業主婦でも借りれるの意味は違います。
主婦と専業主婦の違いは、収入の有無です。

専業主婦のキャッシング

本人に収入がない専業主婦は、消費者金融系のキャッシングは難しいです。
銀行カードローンでは、専業主婦でも最大50万円程度のキャッシングができます。

これは、専業主婦としての申告で良く、配偶者の有無だけが分かれば良いです。
申し込みの時点の問題ですが、審査は専業主婦の信用情報で判断されることになります。

主婦といっても

カードローン審査では、職業が肝心です。専業主婦以外の主婦は、職業があります。
ですから、収入があれば、身分はそちらが重視されるので、主婦キャッシングではないのです。
本人の収入があれば良いことで、その際の主婦は無関係です。

専業主婦は大手消費者金融ではどうして借入ができない

総量規制は年収3分の一を限度額とするという貸金業法の決まりです。
大手消費者金融での限度額は、決まっています。

そして、専業主婦の収入ゼロでは、総量規制のゼロです。
その前に、返済義務が本人限定にしている大手消費者金融系カードローンでは、最初から収入がないと借りられない事になっています。

中小消費者金融では借りられるらしい

中小消費者金融や街金では、配偶者貸付制度があるところが多いです。
配偶者の年収が、専業主婦の総量規制の一部になると考えてくれます。

中小消費者金融も総量規制の決まりがありますが、配偶者もキャッシングをしていない、総量規制が余裕がある場合のみ、50万円程度を限度として、配偶者貸付をしている場合があります。
婚姻証明や同意書等も必要ですが、専業主婦なら中小消費者金融でのキャッシングは可能になります。

銀行カードローンは専業主婦は原則OK?

イオン銀行カードローン、楽天銀行カードローンなどのネット銀行のカードローンでは、専業主婦もローンカードが持てます。消費者金融との違いは、貸金業法ではないからです。

審査体制が違う銀行カードローンでは、専業主婦でも借入ができます。
限度額が限定されていますが、問題になるのは信用情報のみです。
信用情報で問題がないのであれば、専業主婦でもキャッシングが堂々とできることになります。

配偶者の同意書もなく、20歳以上であれば、収入がない専業主婦もカードローンができるということに。ですから、専業主婦は銀行カードローンがベストであり、収入があればどんなカードローン会社でも申し込みができることになります。

主婦でもカードローンは作れるから

主婦は借りられない。
カードローンの申し込みをしようというときに、そんな口コミが見られることがあります。

主婦の立ち位置

主婦と言えば、婚姻状態の女性を指します。
配偶者が存在していることですが、カードローンで問題になるのは、主婦ではなく専業主婦です。ここは騙されないように。要するに、カードローンでは収入がないと借りられないだけです。

主婦でも収入があれば、ローンカードで借りたい願いは叶えられることになります。
稼いでない主婦、専業主婦は返済ができないので借入ができないので、主婦はキャッシングができないと言うのは、正解ではないです。結婚している女性でも、借入ができる方は多いです。

働いていれば

金融会社にしたら、収入があれば主婦は無関係です。
金融機関でも、お金に関しては、本人契約です。

在籍確認ができる勤務先であれば、消費者金融カードローンの審査は普通に通ります。
それが、パート、アルバイト、在宅ワークだとしてもOKです。
大手消費者金融も銀行カードローンも審査で、限度額もそれぞれ決まります。

専業主婦の借り方

現在は、銀行カードローンの専業主婦枠のキャッシング。
消費者金融系の配偶者貸付制度の利用です。
銀行カードローンでは、専業主婦でも収入がなくても借入ができます。

ただし、限度額の制限の総量規制がある消費者金融では、専業主婦だけでは申し込みができないです。配偶者貸付制度の方法になるので、配偶者の年収が審査対象になります。
生活費でお金が回らない場合に、キャッシングができれば良い方も多いです。
しかし、配偶者貸付は配偶者の同意が必要なので、勝手にキャッシングを始めることはできないです。

主婦は借りられないことはない

要するに、どんな主婦も借りれないことはないです。
なにかの口コミで借りれないという内容を目にしたのは、専業主婦は借りられないでしょう。
大手消費者金融や配偶者貸付制度がない金融業者では、専業主婦は審査対象にならないです。
そこで、主婦は借りれないということになります。

離婚したらアウト

当然ですが、主婦とは婚姻関係が成立していることが必要です。
離婚した場合は主婦ではないです。審査では婚姻証明などの提出があります。
同意書が必要なので、配偶者が知らないキャッシングはできないです。

ですから、別居している場合では、その同意書が入手することが必要です。同意書の改ざんは、法律違反です。別居している場合の配偶者貸付制度では、裏工作などでなんとかしようは厳禁ですよ。

銀行カードローンと配偶者貸付制度 専業主婦のキャッシング

専業主婦は銀行カードローンの審査は通る金融機関が多いです。
収入ゼロでの審査です。在籍確認もなく、申し込みもラクラクです。

ただし、審査の中で信用情報でブラックリストの場合は借入ができないでしょう。
もともと限度額が少ない専業主婦では、多重債務者も新規銀行カードローンの借入ができない場合もあります。

銀行カードローンで借入できない場合

大手消費者金融では、専業主婦のカードローン審査は最初からしないです。
収入ゼロの時点で、審査落ちです。

ところが、配偶者の収入があれば、中小消費者金融などの大手消費者金融以外の消費者金融では借入ができることがあります。審査が甘いとされる中小消費者金融では、ブラックリストでも借入ができるのです。専業主婦に関しては、配偶者貸付制度を導入していることで審査対象にすることができます。

配偶者貸付制度

婚姻関係にある配偶者の収入で、審査をしましょうというものです。
当然配偶者の信用情報も関係して、ブラックリストではないことが条件です。

また、配偶者もキャッシングをしていて、総量規制の範囲が少ない場合は、審査も難しいのです。配偶者の収入で、専業主婦の借りれる限度額が決まります。

銀行カードローンの審査に通らない、配偶者もブラックリストではないし、専業主婦もブラックリストではない。この場合、配偶者貸付で、専業主婦も本人契約のキャッシングができます。
中小消費者金融ではローンカードではなく、振込キャッシングになります。

ブラックリストは難しい

専業主婦がブラックになっている場合は、最大限譲歩したとしても審査には通らないでしょう。
銀行カードローンではもちろんですが、中小消費者金融にしても、収入ゼロでブラックリストの審査は通らないです。また、配偶者のブラックリストも審査なしです。

配偶者が本人の申し込みで、中小消費者金融許容範囲のブラックリストであれば良いのですが、専業主婦の限度額が出ない場合が多いです。

専業主婦の借りれるところは限定的

今のところ、銀行カードローンだけができるキャッシングです。
大手消費者金融で借入できないのは貸金業法の改正によってですが、返済能力がないと見られるのです。銀行カードローンでは、審査は厳しいのですが、収入ゼロでも借りれる対応に関しては、譲歩が大きいでしょう。

しかし、信用情報で金融事故ゼロでなければならない。
普通に初めてのキャッシングなら、銀行カードローンも審査はokですが。

ブラック専業主婦のキャッシング

専業主婦もお金はかかる。そこで、キャッシング。
専業主婦で申し込みができるのは銀行カードローンだけですが、実はブラックリストの方もいます。過去に債務整理をしていたり、現在も多重債務者。

返済のための銀行カードローンの申し込みは、まず審査に通らないことでしょう。
審査ローンは甘くないです。

どこからも借りられない

中小消費者金融の配偶者貸付制度は存在しています。
配偶者の年収3分の一からの総量規制で、専業主婦の借り入れ額が決まります。

しかし、信用情報で専業主婦はブラックリスト。まして、配偶者もブラックリストの夫婦では、致命的なこと。中小消費者金融系の貸付制度も借りられないでしょう。専業主婦でなくても、主婦で収入があるとしても、ブラックリストの中小消費者金融審査落ちはよくあります。

配偶者に内緒にしたい

配偶者貸付制度は、必ず配偶者の同意書が必要になります。
そこで、配偶者にキャッシングの事実を告げなければならないのですが、それはしたくない。
そうなると、イオン銀行カードローンなどの銀行カードローンだけが対象になります。
それも審査落ち。そんな専業主婦を狙っている業者もあります。

専業主婦大歓迎

収入ゼロでも良いのが、ヤミ金です。
ヤミ金では、信用情報の金融事故、ブラックリスト、専業主婦の収入ゼロも大歓迎です。
審査がないと言っても良いので、配偶者にも内緒で融資をしてくれます。
すぐに、即日融資も対応していて、配偶者にも知られないです。

では、と言いたいところですが、金利も返済もちゃらんぽらんです。
このちゃらんぽらんというのは、高いということ、そして返済も大変だと言うことです。
専業主婦で返済ができないということになると、絶対に配偶者に請求が行きます。

そして、配偶者としてはヤミ金に借入を知っていることになると展開は予想通りです。
そして、配偶者に返済が行くことになり、夫婦でヤミ金地獄になります。
内緒でできる銀行カードローン以外では、専業主婦のキャッシングは諦めることです。

働けば大手消費者金融でも借入ができる

専業主婦が収入を得ることができれば良いだけです。
パートやアルバイトでも良いので、とりあえず1年間稼ぐことができれば、大手消費者金融のキャッシングができます。もちろん配偶者に内緒、配偶者の収入も無関係です。女性専用カードローンもあり、申し込みもしやすいです。

中小消費者金融でも、パート主婦などは審査対象です。