レディースキャッシング


レディースキャッシングに関して言えば、本当に女性だけの対応となるのでプロミスやレイクでお金が借りたいと思った際、せっかく便利なカードローンも異性への緊張が邪魔して、利用し辛い又は出来ないなんていった事があるでしょう。レディースレイクやプロミスレディースを利用するだけで、本来のサービスと同じものが受けられるというのは、女性にとってかなり心強いものがあります。

ですので、レディースキャッシングは女性専用の消費者金融という解釈で間違いありません。女性オペレーターや女性スタッフが丁寧に対応してくれる安心感は、通常のプロミスやレイクより格別なものがあるでしょう。そしてすぐにお金が借りたい時も、相手が女性であればいつでもお金が借りやすい環境にもなってくれるのです。いちいち男性の人の応答や接客、又は在籍確認に怯えるなんて事もありませんからね。何より女性を優先としてキャッシング、それがレディースキャッシングなんです。

全てが全て、大手でお金が借りれる女性ばかりでもないでしょう。そんな人でも中小消費者金融のレディースフタバを利用すれば、債務整理後の人やブラックだった人でもお金が借りれる事もあるかもしれません。大手のレディースキャッシングがだめでも、大手以外でも安心して利用出来るレディースキャッシングあるというのも、女性にとって有り難いものがあるのではないでしょうか?

大手だけでなく、中小にもレディースローンが存在しているという事がわかるだけで、お金が借りれない女性がブラックや多重債務でもお金を借りたいとなった時に、これ又レディースキャッシングであれば同性相手の対応なので、特に恥じらいを感じる事もなくお金が借りやすいというメリットもある事だと思います。

大手にしても中小にしても、女性にとってレディースキャッシングは、今からの生活に欠かせない存在となってくれるのは確かだと言えるでしょう。

レディースキャッシングの特徴


消費者金融などでは、女性をターゲットにしたレディースキャッシングなどを特別に設けています。利用者が女性に限定することで、お気軽に申込をしてくださいとのことです。

特別な金利ではなく、女性に優しいサービスなのですが、女性としてみればキャッシングの入り口としては利用し易いと言えるでしょう。

主なレディースキャッシングの特徴は、

対応が全て女性

電話で申込をした時に、スタッフを全て女性にしています。
また、窓口でも女性が対応してくれます。

話しやすい

お金を借りることに抵抗がある方にとっては、なかなか話しづらいこともあります。
女性の場合、男性を威圧的と感じてしまう方も多いですが、女性ならなんでも話せる安心感があります。

恥ずかしくない

キャッシングそのものは決して悪いことではないですが、女性対応ですと恥ずかしさも軽減できます。

こうして金融機関の担当者を女性にすることで、女性の顧客を増やす作戦の一つですが、利用者としてはありがたい対応でしょう。最近は専業主婦など無収入の方がキャッシングができる金融機関もあり、キャッシングそのものが身近な存在となっています。

この事もレディースキャッシングが貢献していることでしょう。

レディースキャッシングのデメリット


レディースキャッシングと言うと、何か特別な感じがしますが、別段何があるわけではありません。ただ女性専用のキャッシングができますよと言うものです。

間違ってはいけないレディースキャッシング。

審査は普通

女性を特別視していないレディースキャッシングでは、審査も普通に行われます。
甘く見てはならないことです

ここだけの話しは無し

いろいろと話してしまうことがあります。親近感を持って話した場合、あなたと私の秘密のこと何ていうのはナシです。その内容がキャッシングに不利なことなら、お金を借りることはできません。

つい借り過ぎてしまう

債務整理をした女性の話しですが、レディースキャッシングで、ついホイホイと借りてしまった。女性スタッフの対応が良すぎて自己管理ができなかった。言い方にもよりますが、金融会社としては、勧誘はしますが、女性にソフトな言い方に乗ってしまったということです。これはあくまでも自己責任です。

賛否はいろいろです。レディースキャッシングではなく、普通のキャッシングもできるのですが、スタッフが女性ですから借りやすいですよというのが大きな特徴です。借りすぎてしまうという口コミも多いのですが、これは作戦の一つですが、金利優遇など特別な事はないのですから、計画的な利用をすることが大切です。

相手が女性だと何かと安心?


今の時代は、消費者金融、キャッシングと言っても、特別後ろめたい感じは一切ありません。商品として、レディースキャッシングなどもあり、だれでも簡単にお金を借りられる時代になりました。このレディースキャッシングでは、金融会社によっては専業主婦もOKで、配偶者の所得があれば良い場合、配偶者貸付と言って、夫婦の借金としてキャッシングをすることも可能です。

随分と借りやすい環境になったと関心する一方で、返済が苦しい、滞納や遅滞をする方もいます。レディースキャッシングの場合、申込などは女性ですが、滞納をしたりする場合は、男性からの連絡になります。大きな声を荒らげる事はありませんが、優しい言葉はないと言っても良いでしょう。

中には、その段階でも女性対応の場合もあります。滞納遅滞に関しては、こちらの出方で金融会社の対応が違います。それは、してしまう前としてしまった後です。要するに、「今度の返済が遅れそうです」と何も言わずに返済しない態度です。

レディースキャッシングの場合、返済の事前報告の場合は、女性が対応することが多いです。その時に同情などは期待しない方がよく、事務的な会話になります。ここで話しが付けば良いのですが、これが繰り返されることになると、女性ではなく男性との話し合いになります。

もし最後までレディースキャッシングとして利用したいのなら、返済ができない場合は、必ず返済日前に直接話しをすることが肝心です。ただ、順調な返済以外のことについては、レディースキャッシングの要件外のことになる金融会社も多いようです。

境界線は専業主婦


レディースキャッシングでは、消費者金融よりも銀行カードローンの方が、女性に優しいって知ってました?その大きなポイントは、専業主婦です。消費者金融では総量規制の関係から、利用者本人に絶対に収入がなければならないのです。パートでも良いですから、毎月定期的な収入があることが大条件です。

しかし、銀行では専業主婦であることで、配偶者に収入がある証明であることから、専業主婦も対象にレディースキャッシングを展開しています。総量規制対象外の銀行のキャッシングは、消費者金融よりも審査の入り口は優しいのです。ただし審査内容に関しては、2つの金融会社は同様に厳しいものがあります。レディースキャッシングだから甘いということはありません。

余談ですが、不定期的に、消費者金融などではレディースキャッシングの無利息期間などがあります。これは期間中利息なしでキャッシングができます。とても利用しやすいのですが、ここでキャッシングの“味をしめる”方も少なくないようです。あくまでもこの期間だけの優遇で、実際はガッツリ利息がかかります。そして、レディースキャッシングだからと特別金利であることはないことは承知して利用してください。

レディースキャッシングにしなくてはならない理由はある?


消費者金融でも、銀行カードローンなどの普通のキャッシングとレディースキャッシング、女性であればレディースキャッシングの方が良い?と聞かれることがあります。それは、何かポイントとして決めるかで変わります。

レディースキャッシングは、女性専用のキャッシングですが、電話対応などはが全て女性専用であること以外特別なことはありません。WEBで申込をしてしまう場合、一度も電話で話すこともなく、特別なことはないのです。

あえてレディースキャッシングとして女性専用の窓口を出しているのは、キャッシングの概念をオープンにすることと、手軽に借りやすいことを強調するだけのことです。ですから、女性だから、レディースキャッシングでなければならないことはありません。

ただ、キャッシング後に何かの問い合わせの時に担当者と話すことがあったり、審査のことで何か聞かれる場合のスタッフが、レディースキャッシングの場合、全て女性対応になります。あとからの対応を考えると、女性で良かったと思うことは大きいかもしれません。あとのことについては、レディースキャッシングならではの特典などはあまりないようです。

無利息期間がある場合もありますが、キャッシング希望の方は、このキャンペーン利用はおすすめです。