主婦にキャッシング利用は可能なのか?


女性の中には主婦として日々を送る人もいますが、主婦だからこそ急遽お金が必要になることもあるはずです。

そんなときに頼れるのがキャッシングですが、主婦の場合にはお金が借りられるのか疑問に思われる方も多いのではないでしょうか。たしかに専業主婦ならば、配偶者には収入があっても自分は無収入ということになり、審査に必須の収入証明書も提出できません。そのため、収入のない人間がお金を借りられるのかは疑問に思って当然です。

結論に関していえば、ケースバイケースとなります。中には主婦ならば絶対にお金は借りられないと考えてしまう女性もいますが、必ずしもそうとは限らないのです。

たとえば主婦であっても、家族や配偶者のための家事を日々おこなっている一方、パートやアルバイトをしている人もいます。そうなれば肩書きは主婦であっても収入は確保できていますので、消費者金融のキャッシング、クレジットカードのキャッシング、さらには銀行カードローンなどを活用して融資を受けることが可能なのです。

また、専業主婦の場合にはこうした収入もありませんが、借入先によってはお金を借りることができる場合もあります。そのため、自分が主婦であったり、専業主婦であるからと言って、即座にお金を借りるということを諦める必要はありません。

まずは各種条件に対して自分が納得できる金融機関を探し出し、そこに申し込みをおこなってみましょう。主婦がお金を必要とする場面は多岐にわたり、自分自身のためにお金を借りたい人もいるでしょうが、一方では家族のためという場合もあるはずです。

たとえば、お子さんの教育関連資金を一時的に借りたい場合などにも、キャッシングやカードローンなどの利用を検討する場合があるはずです。さらに、夫には言えないものの生活費を貸してほしいと考えるケースもあるはずです。配偶者である夫に相談すれば夫のプライドを傷つけると考え、思いやりから黙っている主婦のみなさんもいるのです。

このようなケースはもちろん、自分のご褒美のためにお金が必要という場合もまずは金融業者に相談してみましょう。ネットや電話などで申し込み可能な業者も多く、誰にも知られずに融資を受けることができる業者もありますので、秘密厳守の方でも安心です。さらにキャッシングやカードローンを利用することを絶対に夫に隠したいと思っている人も、銀行カードローンならば夫には一切連絡がいかずに申し込むことも可能なので覚えておきましょう。

主婦が融資の審査をスムーズに通過するコツ


主婦の女性がお金を借りたい場合、それを家族に相談した上でおこなうならば、そもそも収入のある夫などの配偶者を借り入れの名義人として、融資を受ければいいので話はスムーズです。配偶者貸付などの制度もあるため、収入がある夫の同意があれば総量規制も関係なく、専業主婦であってもお金を借りることが可能です。

しかし、夫に言えない使い道もあるはずです。このような場合、夫に知られないことが大前提となる主婦の方も多いものです。無論、自分がパートなどで収入があるならば、その金額がたとえ少額であっても融資を受けることは可能となっています。

一方、収入がない専業主婦は総量規制のルール上、本来ならば1円も借りられません。配偶者貸付を利用するしか方法はないのです。ただし、専業主婦であっても借りられますケースが存在します。この際、消費者金融などでは借りられませんが、銀行カードローンならば問題なく借りられるケースが多いのです。

なぜ銀行が大丈夫で、消費者金融がダメなのかといえば、消費者金融はやはり総量規制の影響を受けるからです。総量規制によって、年収の3分の1までの金額しかお金を借りられないという法律が、日本には存在します。そのため、この基準となる年収額がわからない無収入の主婦の方は、消費者金融では融資を受けられないのです。

しかし、銀行カードローンによる借り入れは総量規制に含まれません。つまり、総量規制の対象外なので年収の3分の1に該当しません。そのため、年収がない人であってもお金を貸してもらえます。だからこそ、専業主婦の方がスムーズに審査を通過するためには申し込み先に注意する必要があります。

また、パートなどをおこなっている収入のある主婦の場合には、消費者金融なども候補になりますが、融資審査をスムーズに進めるためには希望額をあらかじめ検討しておきましょう。収入金額の3分の1が借り入れできる限度額ですから、それ以下の数字で希望を出しましょう。

仮に他の消費者金融ローンやクレジットカードでキャッシングがあれば、その金額も総量規制に含まれます。仮に年収が150万円の人がすでに他社で80万円を借りているならば、借入可能な残りの金額は70万円です。また、他社でローンカードを作っているだけで融資を受けていないような場合、自分には借金がないと考えてしまいがちですが、カードを持って融資枠を持っている時点で、借金をしているのと同じ状況に見られることも覚えておきましょう。

仮に借入残高が0円であっても、キャッシング枠50万円のクレジットカードを持っていたら、すでに50万円のキャッシングがあるとみなされます。そのため、年収が150万円であれば融資可能な残りは100万円となります。このあたりのルールを最初から覚えておくと融資はスムーズに進むはずです。

専業主婦で無収入な女性がお金を借りられる理由とは


無収入な専業主婦の場合、キャッシングしたいと思っても最初から無理だと考えて諦めてしまう人もいます。しかし、そのお金の借り入れが自分にとって必要不可欠なものであるならば、早々に諦める必要はありません。なぜなら、無収入の専業主婦であってもお金を貸してくれる金融機関が存在するからです。

にわかには信じられない話かもしれませんが、本当に各種ローンの利用者としてローンカードを持ち、お金を借りている専業主婦は世の中にたくさんいます。さらに驚くかもしれませんが、そのお金を貸してくれる金融業者は銀行なのです。

銀行系のカードローンなど、今やメガバンクと呼ばれる都市銀行から信用金庫に至るまで、多くの銀行がカードローンサービスを提供していますが、こうしたサービスによって融資を受けられるのです。

しかし、無収入の専業主婦の場合、なぜ借りられるのかが疑問だという方もいるはずです。たしかに融資を受ける以上は返済があるため、基本的には安定した収入がなければ借りられません。そのため、不思議に思う方や夫を保証人にする必要があると考える方もいますが、それも間違いです。夫を保証人にはしなくて済みますし、そもそも夫に内緒で融資を受けることも可能なのです。

なぜ、天下の銀行がこのような融資をおこなうかといえば、銀行カードローンは総量規制の対象外だからです。消費者金融系業者のローンは総量規制の対象であり、他社分も合わせて年収の3分の1までの金額しか融資できません。つまり、それを超えていないか確認するためには年収が必須です。しかし、銀行の場合はこれが関係ないため、融資が可能なのです。

さらに、専業主婦の場合には家計を握っていることが多いです。つまり、夫の給料をやりくりする立場にある人が多いのです。だからこそ、返済金を捻出することもたやすいため、結果として融資が実行されることも多いのです。言ってみれば夫の収入のおかげで融資を受けられるというわけですが、だからと言って夫に知られることもないため、安心です。このような背景があり、すでに多くの専業主婦のみなさんがキャッシングしていますので、ぜひ活用を検討しましょう。

家族に内緒で主婦がキャッシングしたいなら


人それぞれの事情はあるでしょうが、主婦の女性がキャッシングしたいと考えるケースもあります。自分自身の消費のためにお金が必要な場合もあれば、家族のためという場合もあるはずです。

いずれのケースでも家族などに相談できれば最良でしょうが、現実にはそうもいかないケースが多いものです。今まさにこのような状況に陥っているのであれば、大手消費者金融カードローンや銀行などのカードローン、さらにはキャッシングなどに申し込みをおこないましょう。

主婦という自分自身の立場を考えて、こうした金融機関からの借入は不可能であると諦めて、途方に暮れる人もいますが、それは大きな間違いです。主婦であってもサラリーマンなどと同様にお金を貸してくれます。また、その可否を考える上で重要なのが、パートやアルバイトをしているかどうかです。

仮にパートやアルバイトをしており、その給料が少額であったとしても毎月決まった金額が稼げているのであれば、たとえ主婦であっても多くの賃金業者や金融機関が融資をしてくれるものです。無論、それぞれの融資には審査があるため、最終的に融資が受けられるかどうかは個別の判断となりますが、主婦だからという理由で落とされることは少なくともありません。

また、パートやアルバイトをしていない主婦、つまりは専業主婦などの場合にはどうなるでしょうか。こちらの場合、まったく収入がないため、やはり諦める人が多いようです。しかし、たとえ専業主婦であったとしても諦める必要はまったくありません。銀行カードローンであれば収入のない専業主婦のみなさんであっても融資を受けられる可能性があるのです。

しかも、家族に内緒で審査を受け、借り入れを受けることも可能ですから、家族に知られずに専業主婦の方が融資を受けたい、キャッシングを活用したいという場合には、各種銀行が用意するカードローンやキャッシングサービスに目を向けてみましょう。利用限度額や利用可能枠などは、それぞれの銀行ごとに決まっていますが、数10万円レベルのキャッシングをおこなうことも不可能ではないのです。

キャッシングを主婦が利用するなら幅広い選択肢が存在


主婦の方がキャッシングでお金を借りたいと考えたとき、融資をおこなってくれる金融機関は限られていると誤解する人がいます。

しかし、そこまで選択肢が限られるわけでもありません。たとえばパートやアルバイトをおこなっている主婦の方であれば、ほとんどの金融機関に申し込みが可能です。

パートやアルバイトの場合、融資は厳しいと誤解される方もいますが、今は主婦以外の方でも収入減がアルバイトのみという方は世の中に大勢います。いわゆるフリーターと呼ばれる方々もそのひとつですが、このような方であっても大手消費者金融や銀行カードローンなどを申し込み、融資を受けているケースは多々あります。そのため、主婦の方でもパートやアルバイトをしており、収入があるのであれば安心して申し込みをおこなってみましょう。

また、一方で収入がまったくない主婦のみなさんも世の中にはおられます。旦那さんの収入のみで生活する専業主婦という存在です。こちらのケースでは、まったく収入がないわけですから、夫名義での申込でもおこなわない限り、融資は不可能と考えがちです。たしかにそのようなケースもありますが、必ずしも融資が不可能というわけではありません。

さらに夫の名義でなくても構いませんし、保証人として夫に相談をする必要もないため、専業主婦の女性であっても無担保の上、保証人なしで家族にも秘密にした状態でキャッシングが可能です。この際、選択肢は通常の主婦よりも限られてしまうのは仕方ありません。ただし、銀行のカードローンならば問題なく貸してもらえるケースもあるのです。

専業主婦の場合、お金が入用になっても即座に諦めてしまう人がいますが、メガバンクや都市銀行、地方銀行や信用金庫などが用意している各種カードローンサービスや、キャッシングサービスを活用可能なのです。もちろん、それぞれ審査がありますので、その点はほかの利用者と同様に仕方ありませんが、ローン審査をクリアして無事に融資を受けている専業主婦の方々も、世の中にはたくさんいますので、お金が必要ならば有効活用していきましょう。