総量規制で専業主婦が利用できる2タイプのキャッシング


消費者金融などは貸金業法という法律に従って運営されていますが、2010年に改正され、総量規制がスタートしました。総量規制は、金融業者が貸し付けができる上限金額を定めたものです。キャッシングなどの申し込み者に対し、審査をして年収の3分の1までしか融資をすることができないと、法律で認められなくなったのです。

総量規制によって、例えば年収270万円の人の場合、270万円÷3=90万円までしか借金をすることができません。貸金業法は銀行は対象外ですので、銀行カードローンなら総量規制の影響を受けません。年収の3分の1以上の借金をすることも可能です。貸金業法が適用されるのはクレジットカード会社や消費者金融などとなります。

大手の消費者金融の多くは、総量規制の影響を受けて、専業主婦の方の借り入れは断るようになってしまいました。専業主婦は収入がない、つまり年収がありませんので、職業欄を見て断ることが増えてしまいました。しかし、専業主婦だからといってどんな融資も受けられないわけではありません。銀行カードローンと配偶者貸付の2種類なら、審査に通る可能性があります。

あなたが結婚をして主婦をしており、内職やアルバイト、パートなど何かしらの安定収入を確保しているなら、どこでも申し込み資格があります。どこにも勤務していない場合、ご主人には安定収入があるでしょうか。ある場合は配偶者貸付をしている金融業者ローンまたは銀行カードローンが利用できます。旦那さんに安定収入がないという場合は、奥様も新規で融資を受けることはできません。

配偶者貸付を利用すると、夫と妻の年収を合計させられますので、その分キャッシングの審査に有利になります。総量規制ができたことで、専業主婦の方が困っていしまうことから、救済策として誕生したのが配偶者貸付です。妻が専業主婦の場合は年収が0円ですが、仮に夫の年収が480万円だったとします。すると、480万円×1/3=160万円まで融資を受けられるようになります。

配偶者貸付でご主人の収入証明付に必要な書類


専業主婦の方も申し込めるようになる配偶者貸付は、主に2タイプの利用条件があります。妻が専業主婦でご主人に安定した年収があり、年収を合算する人がご夫婦であることが不可欠です。

申し込むときには、消費者金融などに必要書類を提示します。書類の種類として(税務署の印が入っている)確定申告、源泉徴収票、所得証明書など。ご主人の同意書。戸籍謄本や住民票などによって夫婦であると証明できます。最後は妻ご本人の確認書類です。

配偶者貸付を扱っている金融業者は、まだあまり多くありません。一般的な貸し付けと比べると配偶者貸付は用意しなければならない書類が多めですし、作業が多くなる割に利益があまり大きくないことから、金融業者サイドとしての利点が少ないためです。

配偶者貸付をしている金融業者を、3カ所ご紹介します。ベルーナノーティス(消費者金融)は審査に1日、借り入れまで最短1週間かかります。インターネット、FAX、電話、郵送から申し込みを行うことができ、限度額は1万~最初は50万円、以降は100万円までです。準備する書類は本人確認書類、配偶者の同意書、50万円以上をご希望の場合は配偶者の収入証明書となります。

レディースフタバ(消費者金融)の審査にかかる時間は不定で、借り入れまで最短即日です。審査に通った方だけに、連絡が入るシステムです。電話かインターネットから申し込むことがえき、準備する書類は本人確認書類1点のみでなのでラクです。限度額は10万~50万円までとなっています。

セディナ(クレジットカード)は審査にかかる時間は、カードをすでにお持ちの方は半日です。借り入れまでもカードがある方は最短即日が可能です。電話かインターネットから申し込むことができます。準備する書類は婚姻関係証明書、配偶者の収入証明書、本人確認書類です。クレジットカードをまだお持ちでない場合、カードにまず申し込むことになります。

配偶者に安定収入がある主婦は低金利の銀行カードローン


2010年に貸金業法が改正されたことを受けて、消費者金融や信販会社などの貸金業者には総量規制というものが働くようになりました。総量規制とは、年収の3分の1を上限とする範囲でした貸し付けができないという決まりです。専業主婦の方はご本人に直接給与が入らないことから年収がゼロと見なされますので、総量規制によって1円も借り入れできなくなりました。

しかし、銀行は貸金業法が適用されませんので、総量規制も受けません。専業主婦でも銀行カードローンなら融資が受けられます。審査に通過すれば借り入れができるのですが、実際のところは配偶者に安定収入がある専業主婦の方が審査に通るとのことです。

専業主婦でもご主人に安定した収入があることで契約できる銀行カードローンは、大手のところが多いので、安心して申し込めるのではないでしょうか。お金の管理をする以上は金利が低いところを選びたいものですが、銀行カードローンは消費者金融よりも低金利ですので家計の負担にもやさしいといえるでしょう。

専業主婦ではないパートやアルバイトなどでご本人に直接入る安定収入がある方は、年収があることから、総量規制のある消費者金融などでも審査に通ることによって借り入れできます。安定した収入が毎月入っていればいいので、内職や正社員、派遣社員など雇用形態は関係ないそうです。ただし、カードローンなどによってはそれぞれ細かい条件に違いがありますので、申し込む前には年収や雇用形態などに制限を設けているかどうかの確認は必要です。

年収があれば総量規制がある消費者金融などにも申し込みはできますが、もとの年収が少ない場合、その3分の1までしか借り入れできませんので、キャッシングできる金額も少なくなってしまいます。年収の3分の1より大口の借り入れをご希望の場合は、総量規制がない銀行カードローンを検討された方が、ご希望に近い金額の融資を受けられる可能性があります。いろいろな要素を総合して、ご自身に合ったローンを選ぶようにしてください。

審査に悪影響をもたらす要因とは?


専業主婦もパートやアルバイトなどをしている主婦の方も、キャッシングなどに申し込みには審査が実施されます。審査基準はそれぞれことなりますが、基本的にどこでも共通して悪影響を及ぼすといわれていることをあげてみます。

直近の6カ月以内に何カ所もの消費者金融やカードローンに申し込みをしている場合、審査での印象に影響します。すでに別の消費者金融などから4件を超えるキャッシングをしていると、審査に通りにくくなります。自己破産を直近の10年間にしている場合、ほとんどの金融業者では審査に通過しません。債務整理を直近の5年間にしている場合も同様で、審査に通りにくいでしょう。

公共料金やローン、クレジットカードの支払いにおいて1カ月を超える滞納を直近の5年間にしていると、審査に悪影響がでます。虚偽の個人情報を申し込みフォームで入力していた場合、悪質だとみなされるとなかなか審査には通りません。決して以上のどれか一つでもあてはまっていたらダメというわけではなく、審査に不利になることをあげています。金融業者によって自社基準で審査を行うところもありますので、そのような柔軟性のあるところも数多くあります。

新しくカードローンなどの申し込みを検討しているとき、すでに何社者金融業者から融資を受けているなら、本当に借り入れを増やしてもいいのか一度立ち止まってみることをおすすめします。やり繰りの仕方次第では、借り増しをしなくても十分暮らしていけるというケースも多いものです。

新規の融資が必要な場合、借り入れをした資金はすでにある借金の返済にあてるというなら、申し込みを中止された方が身のためです。自転車操業のようにずっと繰り返すことになりますし、金額が膨らんでいけば毎月金利分の支払いが中心になっていき、借入の元本が一向に減っていかないということもあります。

もし、お給料だけでローンの返済がどうしても難しくなったら、債務整理などの選択肢もあります。また、借り入れの状況によっては、複数の借り入れを一本化できるおまとめローンもあります。

おまとめローンは多重債務をしているときに、状況を改善できる商品というイメージがありますが、場合によっては利用する前より損をしてしまうこともありますので注意が必要です。おまとめローンに一本化したあとにどのようなマネープランをたてていったらいいのか、じっくり検討してみてください。

主婦も借り入れができる配偶者貸付とは


主婦というと、キャッシングをしたくても借りられないイメージがあります。同じ主婦であっても、パートやアルバイトなどの収入あるか専業主婦かによっても異なります。実際のところは、大きく3タイプの主婦に分類することができます。専業主婦で消費者金融などからの借り入れが難しいタイプ。同じ専業主婦でも、配偶者からの同意が得られるので金融業者から借り入れができるタイプ。仕事を持っている主婦タイプ。

専業主婦で消費者金融などの利用が難しいタイプの方は、銀行カードローンなら申し込むことができます。消費者金融などのは貸金業法の総量規制がありますので、年収の3分の1までしか貸し付けができない法律になっています。しかし、銀行は総量規制の適用外なので、年収(収入)がない専業主婦の方でも銀行カードローンなら利用できます。

同じ専業主婦でも配偶者からの同意が得られて借り入れが可能なタイプの方は、銀行カードローンの他に、ご主人の同意書を提出する配偶者貸付可能なローンが利用できます。仕事を持っている主婦タイプの方は、ご本人の名義で融資の申し込みができます。ご自分の年収で手続きができますので、配偶者の同意を得ずに借り入れができます。

総量規制に従うと、年収のない専業主婦は消費者金融などの貸金業者から融資が受けられないのですが、実は例外があります。それが「配偶者貸付」です。ご主人など配偶者の方と申し込みをする主婦ご本人の年収を合計し、その金額の3分の1までなら融資が受けられるというものです。反対に、旦那さんに年収がなく奥様に収入がある場合も配偶者貸付は適用されますので、二人合わせた年収の合計金額の3分の1まで借り入れができます。

しかし、配偶者貸付はどこの消費者金融でも受け付けを行っているわけではありませんので、金融業者探しから始めなければなりません。大手の中で探してみても、現在のところはプロミスやアコムなどに配偶者貸付を扱っているところはないようです。

もし、配偶者貸付の手続きができる消費者金融などがありましたら、以下の必要書類の提出が求められるはずです。運転免許証などの本人確認書類、住民票などの婚姻関係の証明書、希望の借入金額によって必要となる収入証明書、配偶者の同意書です。配偶者貸付を利用したい方は、これらの書類が必要になるときがくるといいですね。