最短即日でキャッシングができる消費者金融やカードローンを探していると、即日審査や即日融資などの文字が目に留まります。いずれも同じ意味のような印象を受けますが、最短即日で融資を受けたいなら、即日審査をうたっている金融業者ではなく、即日融資を行っているところを選ぶことが重要です。

即日融資でしたら、申し込みをした当日に借り入れができるという意味になります。即日審査になってしまうと、当日にできるのは審査という意味になりますので、融資は次の日以降になる可能性が出てきてしまいます。もちろん、即日審査の金融業者でも審査だけでなく融資まで完了できることもあるでしょうが、本当に急いでいるときは即日融資のところを選んだ方が安心感があります。

また、即日審査とうたっている業者は、申し込みをしてから審査を終えたあとの手続きが、他社と比べると少し手間取る傾向がみられるようです。決して大変というほどのことではないのですが、例えば本人確認書類の提示方法にまつわることなどがあげられます。近年はメールで送ればOKというところが増えてきているのに対し、FAXや郵送でのやり取りを続けているなどです。

メールでのやり取りに比べれば、どうしても手軽とはいえません。特に郵送となってしまいますと即日審査はできても融資まではできず、何日も待たされることになるでしょう。即日審査の金融業者でも、利息が低いなど選びたくなる要素を持っている場合があります。その場合は、申し込みをした当日に融資を受けることができるか問い合わせてみてはいかがでしょうか。

申し込みをする場所が支店の窓口や無人契約機などの場合は、審査に通ればその場でカードが発行され、支店内のATMやコンビニなどの提携ATMからすぐに融資が受けられます。しかし、インターネットから申し込みをする場合、カードの受け取りだけ店頭窓口や無人契約機などに行かず、口座に振り込んでもらうという手段があります。

口座振り込みをご希望でしたら、平日の14時30分までに手続きができていないといけないなど即日融資になりません。受け付け時刻を過ぎてしまえば翌営業日扱いで処理されます。土日に申し込んだ場合も同じですから気をつけましょう。