最短即日融資を受けたいなら、インターネットから申し込む方法などがとても便利です。しかし、銀行口座の振り込みによって融資を受けたい場合は、銀行の振り込みの時間である平日14時30分くらいまでのリミットがあることを忘れないようにしてください。

申し込みをインターネットから行い、自動契約機や無人契約機でカードを発行、コンビニなどのATMで現金を引き出しますが、契約機も各店舗で営業時間があります。24時間対応のところもあるかもしれませんが、同じ金融機関でも設置場所によって営業時間が少し違いますので、あらかじめ確認しておいた方が安心です。

営業時間がわかったら、閉まる時刻の1時間前くらいには手続きが始められるよう到着しておいてください。といいますのも、無人契約機は人に会わず、誰にも見られることなく借り入れができるというところがメリットです。そのため、何人ものお客様が同時に中に入ることができません。利用しようと思ったタイミングに別の方が申し込み手続きをしていると、終わるまで待つことになります。待っている間に営業時間が終了してしまえば、最短即日でキャッシングすることができなくなります。

もし自動契約機に到着したときに他の方が利用していて、待っていても長くなりそうでしたら、近くにある他の契約機で手続きできるよう、場所と営業時間をリサーチしておくことをおすすめします。

最短即日に対応してくれるので、ついつい可能な限りお金を引き出してしまうことがあります。例えば、必要な金額は3万円なのだけれど、10万円の融資を受けられたとしましょう。その金額を受けて、ついつい満額の10万円を引き出しつかってしまいかねません。

急にまとまった現金が入ったことで浪費してしまいそうになりますが、余ったお金は無駄遣いしないように気を付けましょう。使い切ってしまうことを防ぐためには、余ったお金をすぐに返済してしまうことです。借り入れをした日にすぐ返済すれば、無利息なので1円のマイナスにもなりません。消費者金融によっては、初めてのご利用から30日間は無利息のところもあります。そういったサービス期間中に返せる分は、どんどん返済していってしまいましょう。