消費者金融や銀行カードローンでも、最近は即日融資が常識です。その中でも最短即日ということであれば、間違いなく今日借りられると言った意味になります。最短即日も即日も、早くてということです。必ず入金が叶うものではありません。

消費者金融などの借入の時の必要書類は、身分証明と所得証明です。これだけでOKなのですが、必ず職場ヘの在籍確認が行われます。記載された会社に努めていることが証明されたら、そこでやっと契約が成立します。

この流れは、WEB完結、無人契約機や自動契約機でも同じです。電話の場合は、FAXなどを使ってのやり取りになり、来店契約はその場で手続きが進みます。即日融資の基本は、その方の身分が証明されることと、個人信用情報機関の照会により、金融事故者ではない、金融機関で貸し出すだけの返済能力があるかを確認された方になります。

問題がない場合は、最短即日での融資を受けることができます。もし時間がかかるとしたら、在籍確認がなかなか取れない、個人信用情報機関での内容で確認したいことがあるなどです。審査の可否についての時間のかかり方に違いはないのですが、否決された場合も即答でダメと言われることもあります。また、反対に時間はかかっても大丈夫なこともあります。