キャッシング即日融資を検索【店舗/ATM】身近なキャッシング3社比較!

急にお金が必要になってどこかで借りたい!少しでも安心してキャッシングを行いたいと思っている人であれば、プロミス・アコム・モビットの三社を!即日融資の身近な店舗/ATMを検索します。

キャッシングのリボ払い

2015年10月11日 13時34分

リボ払いを一言で言えば毎月の支払い返済を一定金額で支払う方法となります。

支払い回数を目的に応じて固定する方法として分割払いがありますが
月々の支払い金額を固定する方法がリボ払いとなります。

分割払いとリボ払いの違いは何なのかといいますと・・・。

分割払いであれば分割回数を自由に設定する事が出来る点
分割回数を少なくする事で月々の返済の負担などは大きくなるがリボ払いに比べて利息の負担は軽減出来
尚も早く完済が出来るという利点がある事だと思います。

長期的な返済をしなくても良い為
これの返済によって毎月毎月これからもずっと返済が長く続くという事はありません。

分割払いと違ってこれがリボ払いによる返済となった場合
支払い金額を自由に設定出来るので安い金額にしてその一定額で支払い続けるという事が可能になります。

分割払いならば分割回数などを減らせば早く完済出来ますがリボ払いの場合は短期というより長期においての完済を目的とした支払い返済が出来る仕組みとなっていると思います。

よってリボ払いによる借金では多額の支払い返済で苦しむという事はなく返済面での負担が軽減出来る支払い方法と思っておいて良いでしょう。

ただこれが理由でついつい他社で借入をしたりキャッシングを度々重ねて借金を増やしやすいと言うデメリットがあるとも言っておきましょう。

特にリボ払いによって借金している自覚が無くなってしまう人もいるようでしたからね・・・。

キャッシングリボ払いは以下の3種類があるみたいです。

・残高スライド方式
・定額方式
・定率方式

一般のカードローンでは残高スライド方式が適用されている事が多いみたいでした。

残高スライド方式というものは借入残高が減少すればする程
月々の返済額が減っていくというものとなります。

支払えば支払う程返済する金額が減るから楽になっていく支払い方法かと思えば
実は返済期間が伸びており利息を度々支払っているので本来ならば完済しているであろう借金の余分な金利分まで支払っているという罠でもありました。

定額方式や定率方式の場合は借入残高が減っても一定額の支払い返済となるので
トータル的に考えると定額方式や定率方式のリボ払いの方がおすすめかもしれません。

分割払いならば回数が決定している分
完済までの目処はしっかり立ちますがリボ払いの場合はある意味ダラしない返済方法と言っても良いように
ズルズルと期限を決めずに払える一定額だけを返済する支払い方法となっていたりする為
いつまで経っても支払い返済が終わらないといった返済ループから抜け出せなくなるリスクがあると言っても良いでしょう。

ただ使い方によっては楽な返済が可能となるのも確かなので
リボ払いに関しては今の借金や借入状況に合わせてよくよく検討したい支払い方法だと思いました。