☆どこまで申告するの??

ローンを組む際、キャッシングカード作る際、クレジットカードを作る際には必ずローンやカードを提供する金融機関や貸金業者の審査を受ける必要があります。

申込みの際には名前、住所、電話番号、勤務先名称、勤務先住所、勤務先電話番号、勤続年数、居住形態や居住年数、家族構成などの情報が必要になります。

そして申込みの時に多くの人が悩むのが他社からの借り入れではないでしょうか。

疑問に感じるのは例えば消費者金融で申込みをする時に、申告する他社からの借り入れ状況はどこまで申告する必要があるのかという点です。

車のローンや住宅ローン、教育ローンや奨学金、クレジットカードでのショッピングローンやキャッシング、消費者金融のカードローン、家電量販店などで組むことが出来るフリーローン、親や親族からの借金など、一言で借り入れと言っても様々な形態があり、どこまで申告するのかわからないという人も多いでしょう。

実はこの借入状況に関する明確な定義はなく、多くの場合は消費者金融で借り入れ状況を申告する場合は、総量規制の関係から同じ貸金業法が適用されている同業の消費者金融やクレジットカードのキャッシング機能を取り扱う信販会社での借り入れ状況がメインになります。

総量規制が影響しない車や住宅、教育に関するローンに関してはほとんどの場合が除外されており、含める必要はないとされています。
またクレジットカードのショッピングの利用残高も含まれません。

消費者金融で他社からの借り入れ状況を申告する場合には他社の消費者金融からの借り入れとクレジットカードでのキャッシングの借り入れを申告しましょう。

 

☆他社からの借り入れは虚偽すると審査に響く!!

少しでも審査を有利に進めようと中には他社からの借り入れがあるのに0と申告してしまう人がいます。

これは絶対にやめましょう。

審査の際には本人が申告した情報と個人信用情報機関と呼ばれる所に記録してある情報を照らし合わせて審査を行います。

個人信用情報機関には個人のこれまでのローン履歴や現在借り入れ状況、金融事故の有無、直近の延滞や申込み状況などが記録されており、貸金業者からすれば本人の申告がなくとも正確な情報を得ることが可能となっています。

ここで嘘をついてしまっては信用をしてもらえなくなり、審査にとってマイナスになってしまうのです。

返済能力があるかを見る審査ですが、借り入れを行なう上で信用をしてもらうことは重要な要素なので情報は正直に正確に申告しましょう。

The following two tabs change content below.
Sachii

Sachii

エーオーキャッシングのキャッシングのお姉さんです! キャッシング初心者向けに記事書いてますのでよろしく。